「iPadOS 16.2」公開、共同作業アプリ「フリーボード」が追加

Scott Stein (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-12-14 10:44

 Appleは2022年の「iPadOS」向けアップデートで、「ステージマネージャー」のようなマルチタスク機能に重点を置いてきたが、最新のアップデート「iPadOS 16.2」では、新アプリ「フリーボード」のサポートを追加している。このアプリは、「iPad」と「iPhone」「Mac」間で共同作業ができるホワイトボードのようなものを目指している。ただし、これまでに得られた情報からすると、それよりはるかに多くの役割を担う可能性もある。

フリーボードアプリ
提供:Apple

 フリーボードの最も興味深い特徴は、その柔軟性にある。ファイルを埋め込むと、一種の共同デスクトップのようなものにも、共有ファイルシステムにもなる。他のアプリやサービスではすでに別の方法で同様のことができるかもしれないが、Appleはこれまでも、「FaceTime」や「メッセージ」を介して音楽や映画を共同視聴できる「SharePlay」機能などで、コラボレーションを拡張してきた。フリーボードも、Apple製品をマルチユーザーのエコシステムに組み込むことを共通のテーマとした取り組みの一環のように思われる。

 フリーボードは無料のホワイトボードツールでもあり、フローチャートを並べたり何らかのアイデアを提示したりするには、それだけで便利に使えそうだ。

 筆者がフリーボードを試してみてまず考えたのが、俳優や監督、デザイナーらが、これを共同作業用インターフェースとして利用し、脚本やストーリー、デザインのメモや制作上の最新情報などを共有するというものだ。それも面白そうだが、フリーボードでの共同作業を実現する上でのハードルは、これにアクセスするにはAppleデバイスが必要になる点だ。つまり、「iOS」や「macOS」との間では使えるが、Apple製でないデバイスとの間ではクロスプラットフォームツールにならないということだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]