日本生命、基幹システムをハイブリッドクラウドへ移行---日本IBMが支援

NO BUDGET

2022-12-22 07:15

 日本IBMは、日本生命保険(日本生命)がデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進に向け、同社の基幹システムを既存資産を活用したハイブリッドクラウドシステムへ移行することを発表した。

 日本生命は、クラウド基盤として「IBM Cloud」を採用し、最新のコンテナ技術である「Red Hat OpenShift」を活用して、長期間使われてきたアプリケーション資産をクラウドに「リフト」するだけでなく、コンテナ環境への適合までを実施する「シフト」にも取り組む。

 このハイブリッドクラウドシステムでは、マイクロサービスやコンテナ技術、DevOpsなどの先進クラウド技術を活用することで、新しいサービスの提供を迅速にし、外部サービスとの連携といったビジネス貢献に資する機動性・柔軟性を備えた環境を構築していくという。

 日本生命の基幹系システムの構築・運用を支援してきたパートナーである日本IBMは、金融機関としての安定性や堅固さのもとに培ってきたシステムやノウハウなどの資産を生かしながら、あるべきシステムアーキテクチャーについて日本生命と議論・検証を重ね、ハイブリッドクラウドシステムへの移行を決定した。

 

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]