富士通、台湾中央気象局の気象予報スパコンシステムを構築

藤本和彦 (編集部)

2023-01-17 15:25

 富士通は1月17日、台湾交通部中央気象局(以下、台湾中央気象局)の「第六世代数値気象予報スーパーコンピュータシステム」を構築したと発表した。

 同システムは2022年6月に稼働を開始している。2021年から3年間にわたり段階的に納入され、2023年12月に完成する最終的なシステムの総理論演算性能は10PFLOPSとなる。同社によると、総理論演算性能において台湾で最も高速なスーパーコンピューターとなる予定という。

 同システムは、理化学研究所と富士通が開発したスーパーコンピューター「富岳」にも使用されているプロセッサー「FUJITSU Processor A64FX」を搭載したスーパーコンピューター「FUJITSU Supercomputer PRIMEHPC FX1000」を中核に構成したものになる。

 熱帯、亜熱帯気候区にある台湾は、台風や豪雨など気象災害のリスクを受けやすい地域の一つであり、同システムの稼働によって日々の気象予報業務に加え、高度気象観測の推進、気象災害の観測と予報能力の精度向上、長期気候変化の観測と分析などの強化が期待され、気象災害から台湾住民の安全を守るとともに経済損失を防ぐことに寄与するとしている。

 また、台湾中央気象局が掲げている中期計画であるスマート・高度気象業務の推進を支えるシステム基盤として、多様化する気象業務にも貢献していく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]