両備システムズ、投資運用子会社とCVCファンドを展開--社会実装の支援と地域DXを推進

藤本和彦 (編集部)

2023-02-28 09:16

 両備システムズは2月27日、新規事業創出や将来の事業シナジーを見据え、ベンチャー投資運用事業を開始すると発表した。スタートアップの成長段階に合わせ投資する投資運用子会社「Ryobi AlgoTech Capital」を2月に設立するとともに、コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)ファンド1号「両備システムズイノベーションファンド」を組成し、投資運用を始める。

 両備システムズでは、行政や医療機関などの公共領域、製造、流通、物流、交通などの民間領域を強みとする。ファンド規模は20億円、運用期間は10年間で、両備システムズと協業する国内外のスタートアップ企業を投資対象とする。投資地域は、日本、東南アジア諸国連合(ASEAN)、北米、イスラエル、欧州。

 また、重点領域としてフィンテック、メディカル、ヘルスケア、教育、ロジスティクス、モビリティー、カーボンニュートラルを、技術領域として人工知能(AI)、暗号化、セキュリティ、ブロックチェーン、Web3.0、ペイメント、クレジットを挙げる。

 両備グループは岡山を中心とした中国・四国地域で公共交通、物流、生活産業、不動産、観光、車に関わることなど幅広い事業アセットを有し、同地域の生活に根付いた事業を113年にわたって展開してきた。実証実験などにおいて両備グループが有するリアルな事業アセットを積極的に提供する取り組みは日本国内のIT系CVCでは前例がなく、投資先が有する新しい技術・商品の社会実装や両備グループとの事業シナジーの実現は、地域のデジタル変革(DX)を一段と加速させるものとなる、と同社は話す。

 同社はベンチャー投資運用業務に加えて、2024年からヘッジファンド運用を兼業する予定。両備システムズイノベーションファンドでは2028年に20~30社の投資先を目標とし、2号ファンドの設立も視野に入れて投資活動を行うとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]