常陽銀行とBloomAct、資料動画化サービスを活用し地元企業のDX推進を支援

NO BUDGET

2023-03-09 10:57

 BloomActと常陽銀行は、BloomActが提供する資料動画化サービス「SPOKES」を通じて、常陽銀行の取引先など地元企業の業務効率化やペーパーレス化を支援する取り組みを開始した。

 SPOKESは、紙の資料をアップロードするだけでAI音声付き動画を作成することができるソリューション。2022年8月のリリースから約半年で200社以上が導入しているという。

 同製品を活用することで、これまで伝わりにくかった紙の資料を動画化することで、伝わりやすい資料へとアップデートできる。人が繰り返し行っていた説明をAIと分業することができ、何度も発生していた説明の時間が削減される。さらに紙の資料が動画化されることでペーパーレス化にもつながるとしている。

「SPOKES」の活用範囲
SPOKESの活用範囲

 同製品では、紙の資料(PowerPoint)をアップロードするだけで、簡単に動画を作成できるという。合成音声でナレーション付きの動画を誰でも作成できるため、従来の動画制作にかかっていた、スタジオや機材費用、時間、労力、ナレーターの人件費といったコストがなくなる。

 また人が話すという行為をDX化することで、人材不足や採用難に課題を抱える企業に生産性向上という価値を提供できる。

 さらに同製品では、視聴者が見たいページをクリックして視聴できる「視聴者参加型のインタラクティブ動画」を作成でき、アンケートやクイズを設定することも可能。また32種類の言語に対応しており、外国人スタッフへの研修、インバウンドへの対応、外国人居住者へ案内などに対応可能だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]