バンダイナムコHD、「Sansan」をグループ43社に導入

藤本和彦 (編集部)

2023-03-15 12:12

 バンダイナムコホールディングス(バンダイナムコHD)は、営業のデジタル変革(DX)を支援するSaaS「Sansan」をグループ全43社・約8000人に導入した。グループ各社の取引先情報や人脈情報を一元管理し、本社機能として内部統制を図りグループガバナンスを強化する。サービスを提供するSansanが3月15日に発表した。

 これまで会社または部門ごとに取引先情報を管理していたが、Sansanを導入することで、グループ各社が名刺やメール署名から得た接点情報や新規・既存を含めた取引先情報をデータで一元管理し、取引先データベースを構築可能になった。また、グループ各社の活動が可視化されることで、経営上のリスクを早期に発見できる。

 Sansanを導入することにより、新規取引先のコンプライアンスチェックや不正な経費利用の確認といった手作業では膨大な工数がかかる作業を自動化する。これにより、グループ会社の担当者による属人的な判断に頼ることなく、統一された基準で新規取引先の適正判断ができ、リスクマネジメントを効率化する。

 バンダイナムコHDは、コンプライアンスの順守やより強固なグループガバナンスを実現すると同時に、業務を自動化・効率化することで、再発防止策の検討などの業務に時間を費やせるようになるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]