NTT Com、個人に合った化粧品やメークを提案--顔タイプ診断サービス活用

大場みのり (編集部)

2023-04-21 17:24

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は4月21日、東京都渋谷区の複合施設「WITH HARAJUKU」において、AIを活用した化粧品の体験サービス「Smart Powder Room」を期間限定で提供すると発表した。提供期間は4月23日~5月1日。

 NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューションが実施した化粧品購入行動に関する調査によると、化粧品の購入に「失敗した」と感じたことがある回答者は6割を超え、失敗経験の上位は「色が自分に合わなかった」「自分の肌質・髪質に合わなかった」など、事前に試すことで回避できた内容が多いという。

 化粧品を購入する前に店頭のテスターで試したり、美容部員に相談したりしてから購入する人がいる一方、若年層を中心に「メークを落とした顔を人に見られたくない」など、周囲の目を気にしてテスターの使用やカウンセリングを受けることにためらいを感じる声も多数あるそうだ。

 そこでNTT Comは、AIを活用して顔タイプを診断し、プライベート空間で気兼ねなく化粧品を試せるSmart Powder Roomを提供する。利用者は、NTT ComのAI画像認識エンジンを搭載した顔タイプ診断サービス「WhoAI」を利用することで、自分に似合う化粧品やメーク方法を見つけられるという。AGCのディスプレイ一体型ミラー「ミラリア」に表示されたAIによるレコメンド情報を参考に、化粧品のテスターを周囲の目を気にすることなく利用できる。

Smart  Powder Roomの利用の流れ Smart Powder Roomの利用の流れ
※クリックすると拡大画像が見られます

 同サービスは無料で利用可能。設置されている化粧品が気に入った場合は、WITH HARAJUKU内の「資生堂ビューティー・スクエア」で商品を購入できる。

 NTT Comは利用者の意見を基に、AIの活用やプライベート空間で化粧品を体験するサービスの有効性を確認する。将来的には、Smart Powder Roomで収集されたユーザーデータの分析による商品・サービスの提案やリモート接客など、デジタル技術を活用した機能拡充を検討するとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]