「Google認証システム」、コードをGoogleアカウントに保存可能に

Imad Khan (CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 高橋朋子 (ガリレオ)

2023-04-25 10:55

 Googleは米国時間4月24日、2要素認証のワンタイムパスワードを生成してアカウントに追加のセキュリティを提供するアプリ「Google Authenticator(Google認証システム)」について、ワンタイムパスワードをGoogleアカウントに保存できるようにすると発表した。新機能は「iOS」と「Android」の両方で提供される。

Google認証システムの画面
提供:Jason Cipriani/CNET

 これは、Google認証システムをインストールしているデバイスを紛失した場合に、同アプリを使って2要素認証を設定したサービスにログインできなくなり困るとの声を受けたもの。Googleはこの変更について、ユーザーがログイン不能になるのを防ぎ、利便性の向上につながるとしている。

 一方で、Googleはパスワードレスな未来も推進している。AppleやMicrosoftとともに、FIDO(Fast Identity Online)アライアンスが作成したパスワードレスの認証規格をサポートしている。パスワードレス認証とは、パスワードを完全に廃止し、代わりに指紋、顔認証、スマートフォンなどを使ってサインインできるようにする技術だ。脆弱なパスワードがハッキング攻撃によって突破されやすいことを考えると、パスワードの廃止は攻撃者との戦いにおける鍵となるかもしれない。とはいえ、パスワードレスな未来への移行は時間がかかり、まだ多くの人がGoogle認証システムや「Microsoft Authenticator」などの認証アプリに頼ることになるだろう。なおMicrosoft Authenticatorでは以前からクラウドバックアップ機能を備えていることから、Googleは一足遅れての対応となる。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]