「Google認証システム」のコード同期、エンドツーエンド暗号化には未対応と判明

Imad Khan (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-04-28 08:31

 「Google Authenticator(Google認証システム)」アプリが今週アップデートされ、2段階認証(2FA)用のコードをGoogleアカウント(クラウド)に保存できるようになったが、ソフトウェア企業Myskによると、エンドツーエンドの暗号化が適用されていないという。

Google認証システムの画面
提供:Jason Cipriani/CNET

 Myskは4月26日、「アプリがシークレット(認証用コード)を同期する時のネットワークトラフィックを解析したところ、トラフィックはエンドツーエンド暗号化がなされていないことが判明した。スクリーンショットで分かるように、これはGoogleがシークレットを、おそらくそれが同社サーバーに保存されている間も、見ることができることを意味する。シークレットを保護するためのパスフレーズを追加するオプションはない」とツイートした。

 シークレットとは、保護された情報や機密情報のロック解除に使われる認証情報を指す用語だ。

 Myskのセキュリティ研究者らは、デバイス間で2FAコードを同期する機能を有効化しないよう推奨している。

 待ち望まれていたコード同期機能により、スマートフォンの紛失や盗難の際にもコードにアクセスできるようになる。これは元の端末が手元になくても、Googleアカウントを介してコードにアクセスし、2FA対応の「Gmail」や銀行アプリ、その他多数のサービスを利用できることを意味する。

 Googleの広報担当者は米CNETへの電子メールで、「エンドツーエンド暗号化(E2EE)は、追加の保護を提供する強力な機能だが、ユーザーが自分のデータからロックアウトされて復元できなくなる可能性がある」「ユーザーにフルセットのオプションを確実に提供するために、一部の当社製品を対象にオプションのE2EEの提供を開始しており、将来的にはGoogle認証システムにもE2EEを提供する計画だ」と説明した。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]