グーグル、AIチャットボット「Bard」を一般公開--日本語にも対応

Stephen Shankland (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2023-05-11 09:36

 Googleは、世界中の英語ユーザーにAIチャットボット「Bard」を公開する準備を整えた。2カ月にわたるテストを経てBardは、ウェイトリストが廃止されて一般公開されることになった。

Googleのロゴ
提供:Stephen Shankland/CNET

 Googleは米国時間5月10日の同社開発者会議Google I/Oで、この動きを発表した。競合する「Bing」チャットボットのウェイトリストをMicrosoftが廃止したのは、約1週間前の4日だ。同社は、Bardの英語版を180の国と地域に公開するととともに、40の言語に対応する計画の一環として、日本語と韓国語でも利用できるようにした。

 新しく出現したチャットボットの背景にある技術のいくつかを発明したのはGoogleだが、同社はチャットボットの開発においてやや後れをとっている。OpenAIの「ChatGPT」が一躍世間の注目を浴び、同社に出資していたMicrosoftは、その基盤技術である「GPT-4」を同社の検索エンジンBingに組み込んだ。

 「Googleは、これの製品化をためらっていた」と、スタンフォード大学教授でGoogleの親会社Alphabetの会長を務めるJohn Hennessy氏は、4月に語っていた。

 しかし、Googleは今、BardのプロダクトリーダーJack Krawczyk氏が「大胆かつ責任あるアプローチ」と呼ぶ、進歩と慎重さのバランスを取りながら、後れを取り戻そうとしている。同社は40言語の対応に向けて準備しているが、より注意深く進めるために、現時点では日本語と韓国語に限定したと、同氏は述べた。


この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]