SAP Sapphire

SAP、ビジネスのためのAI戦略打ち出す-- Microsoftと提携

末岡洋子

2023-05-17 12:25

 SAPは米国時間5月16〜17日、フロリダ州オーランドで年次カンファレンス「SAP Sapphire 2023」を開催した。初日の基調講演では、最高経営責任者(CEO)のChristian Klein氏が、AIの戦略を打ち出した。

SAPのAIはビジネスのためのAI

 前回2022年のSapphireは、コロナ禍後初のリアル開催ということもあり、規模を小さくして行われたが、今回2023年は登録者が1万人を数える。満場のフロアに向かってKlein氏は、「SAPは企業のビジネスを深く理解しており、われわれの技術を組み合わせることで、ビジネスのパフォーマンスを加速する」と約束した。

SAP 最高経営責任者のChristian Klein氏
SAP 最高経営責任者のChristian Klein氏

 「SAPのビジョンは、顧客ニーズにフォーカスして、回復力のあるサプライチェーンを構築し、アジャイルかつインテリジェントなエンタープライズにすること。そして、サステナブル(持続可能)なビジネスを運営することを支援することだ」(Klein氏)

 このビジョンを実現するのが、クラウドポートフォリオだ。Klein氏は、SAPのクラウドの特徴として、人材(HR)、調達、ファイナンス、サプライチェーンなどのファンクションをモジュラー型のアプリケーションとして提供すること、統合されたスイートポートフォリオのベースとなる「SAP Business Technology Platform」を挙げた。

 これにより顧客は、時間をかけてアップデートすることなく、継続的なイノベーションを享受できるという。

 そのイノベーションの一例が、AIだ。

 SAPのAI戦略は、AIをソフトウェアに組み込んで提供することとKlein氏。既にアプリケーションへの組み込みを進めており、2万以上の顧客が使っているという。Klein氏が強調するのは、「SAPのAIはビジネス向けに構築されている」点だ。例として、ファイナンスソリューションを挙げた。「AIを使って損益の要因になるものを分析・予測し、財務パフォーマンスを保護しており、ビジネスプロセス自動化を加速するAIのユースケースを提供しており、生産性は15%改善している」という。

 そして、ここ数カ月でスポットが当たっている生成AIについては、「AIを次のレベルにする」「SAPソフトウェアを使った働き方を変えるもので、全てのユーザーの生産性を改善する」とKlein氏は述べる。例えば、ビジネスに関連した質問に答えたり、推奨されるアクションを伝えたりするようなことができるとした。

SAP Business AI
SAP Business AI

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]