データを基にオフィス改善--イトーキ、「Tech×Design」を体現する新製品

大場みのり (編集部)

2023-06-12 09:37

 オフィス家具などを展開するイトーキは6月9日に説明会を開催し、ハイブリッドワーク下のコミュニケーションや従業員のパフォーマンス向上を支援する同社の製品やサービスについて解説した。同社はテクノロジーとデザインを掛け合わせる考え方「Tech×Design(テックバイデザイン)」のもと、イノベーションを生み出すオフィスづくりに取り組んでいる。

 昨今はテレワークから出社に回帰する動きも見られるが、イトーキが首都圏のワーカー2000人に調査を実施したところ、1週間の平均会議時間8時間のうち、オンライン会議は6.5時間と全体の8割以上を占め、リアルのみで行われたのは1.5時間のみだったという。

 同社は、オフィスでのオンライン会議を支援する製品を複数展開している。例えば、ハイブリッド会議テーブル「Panora(パノラ)」を開発中で、8月中の提供を目指している。ハイブリッド会議では、「会議室にいるリアル参加のメンバーのみで盛り上がってしまう」「オンライン参加のメンバーの様子が分かりにくい」といった課題がよく見られる。

 イトーキはディスプレーと座席の位置関係に着目。Panoraは半円の形を取っており、ディスプレーと平行して設置し、広角カメラを活用することで、会議室の大きさはそのままに、リアル/オンライン参加のメンバーがお互いの様子を十分に確認できるようにした。

 Panoraにより、リアル参加のメンバーはどの位置にいてもディスプレーを確認でき、オンライン参加のメンバーはまるでリアル参加の人々と同じテーブルにいるかのようにコミュニケーションが取れる。立った状態でも会議ができるよう、高さのあるバージョンも用意している。

説明会後に開催された同社オフィス兼ショールームのツアーでPanoraを体感。端に座っていても無理なくディスプレーを確認できる。また、広角レンズにより会議室にいる全員がほぼ等しく映っている(左端画面参照)
説明会後に開催された同社オフィス兼ショールームのツアーでPanoraを体感。端に座っていても無理なくディスプレーを確認できる。また、広角レンズにより会議室にいる全員がほぼ等しく映っている(左端画面参照)

 また、オフィスでのウェブ会議を支援する「sound sofa(サウンドソファー)」を2023年冬頃に提供する予定(図1)。一般的なソファー席に見えるが、背もたれ部分に吸音性の高い素材を活用しており、オフィスの雑音が会議相手に伝わりにくい設計となっている。テーブルの中央には、半径1メートル以上離れた音を拾わないようにする指向性マイクも搭載。加えて、頭部が当たる位置に指向性スピーカーを設置することで、会議相手の声が漏れにくいようにしている。

画像1:sound sofa(出典:イトーキ)
画像1:sound sofa(出典:イトーキ)
sound sofaと同じシリーズのミーティングテーブル「sound parasol(サウンドパラソル)」。2022年9月から提供されている
sound sofaと同じシリーズのミーティングテーブル「sound parasol(サウンドパラソル)」。2022年9月から提供されている

 イトーキは、従業員のデータを収集し、改善活動につなげるサービスも展開している。クラウド型サーベイシステム「Performance Trail(パフォーマンストレイル)」では、従業員が自己評価を行うとともに、本人の健康状態から“出せるパフォーマンス”を算出することで、一人一人のパフォーマンスや全社での平均値を可視化する。IoTセンサーを活用した位置情報提供サービス「Workers Trail(ワーカーズトレイル)」では、従業員がPCやスマートフォンから探している同僚の居場所を把握したり、座席や部屋を予約したりできる。

 Performance TrailとWorkers Trailは、2021年11月に提供を開始。同社は現在、これらのツールで収集されるデータを統合するプラットフォーム「ITOKI OFFICE A/BI」を開発しており、2024年初頭の提供を目指している。同基盤により企業は「パフォーマンスが高い/低い従業員はどのエリアにいるのか」といったことが分かり、オフィスの最適化などに取り組めるという。

 イトーキはPerformance TrailとWorkers Trailを自社でも利用しているが、データを収集する際は従業員の同意を得ている。従業員のパフォーマンスを可視化するPerformance Trailに関しては、データを匿名化した上で活用しており、一人一人のパフォーマンスは従業員本人にしか分からない設計にしている。

 同社は本社の特定部門/職種における課題を抽出したところ、「集中している時間が長く、休憩が取れていない」と分かったため、集中スペースだけでなく休憩スペースも用意した。拠点ごとの課題も把握でき、人事部や健康管理部などが改善活動を担っている。例えば、ある工場では「従業員の睡眠時間が短い」「コミュニケーションが不足している」といった課題から、睡眠に関するセミナーを開催したり、食事スペースの改修を進めたりしている。

本社13階ではITOKI OFFICE A/BIで可視化されたフロアの状況が分かるようになっている。人が多いエリアは赤色、少ないエリアは青色、中間は黄色の棒が表示され、各エリアの利用状況を直感的に把握できる
本社13階ではITOKI OFFICE A/BIで可視化されたフロアの状況が分かるようになっている。人が多いエリアは赤色、少ないエリアは青色、中間は黄色の棒が表示され、各エリアの利用状況を直感的に把握できる

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]