イトーキら、ハイブリッドワーク下のやりとりを円滑化する「office surf」実証

大場みのり (編集部)

2022-04-12 17:08

 イトーキ、NTTドコモ(ドコモ)、NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は4月12日、ハイブリッドワークにおけるコミュニケーション課題の解決に向けて実証実験を実施すると発表した。

 この取り組みでは、イトーキが実証用に開発した器具にドコモの法人向け共通認証ID「ビジネスdアカウント」とNTT Comのオンラインワークスペース「NeWork(ニュワーク)」を組み合わせたコミュニケーションサービス「office surf(オフィスサーフ)」を実証する。office surfにより、働く場所が異なる従業員同士の雑談を生み出し、社内コミュニケーションの活性化を図る。実証期間は4月12日~6月30日まで。

オフィスからの参加イメージ
オフィスからの参加イメージ

 NeWorkは、従来のウェブ会議サービスでは難しかった立ち話感覚での雑談や軽い相談が活性化できるように設計されたコミュニケーションサービス。ログインしておくことで、同じオフィスにいるかのようにチームやプロジェクトのメンバーに話しかけられる。office surfでは、イトーキの器具にNeWorkとビジネスdアカウントを組み合わせることで、新たなログイン情報の登録やウェブ会議の設定をすることなく会話ができる。

 ハイブリッドワークが主流となり、働く場所がますます分散する中、これまでアイデアが生まれるきっかけとなっていたオフィスでの気軽な会話や相談ができる環境を求める声が高まっている。また、リクルートが実施した「新型コロナウイルス禍における働く個人の意識調査」では、仕事中に雑談がある方がテレワーク下でのストレスを解消できるといい、ハイブリッドワーク環境で気軽な会話や相談をする場を作ることは企業にとっても課題となっている。

 office surfにより、出社している従業員は休憩時間や隙間時間に所定のスペースに足を運ぶと、気軽にバーチャルオフィスにいる同僚と会話ができる。テレワークをしている従業員も、あたかもオフィスにいるかのようにオンライン上で話すことができる。バーチャルとリアルを融合させたオフィスづくりを通して、実証では従業員同士のコミュニケーションの活性化やストレスの軽減状況などをさまざまな指標から確認する。

 3社はoffice surfの商用化を見据えた取り組みを展開することで、ニューノーマルな働き方に適した円滑なコミュニケーションを目指す。また、ビジネスdアカウントが持つ会員基盤においてデジタルマーケティングを行うなどして、office surfの利用促進を図る。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]