ウィズセキュア、持続可能性への取り組みで「W/Sustainability」プログラム導入

河部恭紀 (編集部)

2023-07-05 09:57

 サイバーセキュリティテクノロジーのプロバイダーであるWithSecureは、サステナビリティー(持続可能性)への取り組みとして「W/Sustainability」プログラムを導入し、倫理、公平性、環境面において責任ある地球市民として活動することを発表した。

 W/Sustainabilityは、WithSecureの戦略および業務にサステナビリティーと透明性を組み込む制度。同社の経営陣と社員、顧客、投資家といった多岐にわたるステークホルダーを対象に、サステナビリティーの重要性を理解するために実施された調査と面談に基づいて構築された。

 W/Sustainabilityは、(1)より安全かつ環境に優しいデジタル社会、(2)真に公平な職場、(3)責任ある企業経営ーーという3つのテーマに分類される。

 (1)は、WithSecureのソリューションにより消費されるエネルギーを最小限に抑制しつつ、顧客のビジネスにおけるセキュリティのアウトカム(成果)を最大化し、サイバーセキュリティの知識を必要とする人々と共有する。

 (2)は、WithSecureの全社員が、各々の業務において最大限の能力を発揮でき、学ぶことができ、成長することができる機会を享受できると感じられるようにする。(3)は、WithSecureが責任を持ってパートナーを選択し、環境におけるフットプリントを可能な限り最小限に抑制するよう努力するため、最高レベルの倫理基準を設定・維持する。

 W/Sustainabilityにおける具体的な取り組みとしては、WithSecureの社員が、非営利団体(NPO)やセキュリティに対して脆弱(ぜいじゃく)なコミュニティーを支援する非政府組織(NGO)に対し、無償でセキュリティサービスを提供できるパートナーシップの推進が含まれる。また、ソフトウェアのエネルギー消費量を測定・削減することを目的とした社内の「グリーンコーディング」プログラムを策定する。

 さらに、同社は、ヨットマンであるTapio Lehtinen氏のチームとパートナーシップを締結し、サステナブルかつカーボンニュートラルなソリューションの促進のため、同チームのヨット「Galiana WithSecure号」のスポンサーを務めている

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]