海外コメンタリー

プログラマーの仕事はAIを部下として使う管理職になるのか

David Gewirtz (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-07-21 06:30

 筆者はこの10年ほど、フルタイムでアドバイザーや評論家、コラムニストなどの仕事をしているが、その前は企業で管理職として働いていた。キャリアの最初の頃は製品マーケティング担当の企業役員を務めていたし、その後、出版社でも働いたことがある。長年の間、自分の部下を持っていたわけだ。

PCの画面を見る人
提供:Getty Images/Westend61

 自分が管理していた部下には、編集者や、営業担当者や、プログラマーや、製造チームや、ほかの役員などがいた。

 キャリアを変えて本当に良かったと思うことの1つは、部下の報告を聞かなくていいことだ。今は、誰の仕事も管理せずに済む。

 管理職になった経験がない人は、上司は部下に仕事を押し付け、威張り散らして過ごしていればいいと考えている。しかし、管理職をしたことがある人なら、上司は、ただ部下に指示通りに仕事をさせるためだけに、非常に多くの時間を費やしているという現実を知っている。

 そうなってしまう原因の一部は、明確な指示を出していない上司の側にあるのかもしれない。しかし、指示を誤解したり、受動攻撃的な態度で文字通りにしか指示に従わなかったり(これは筆者自身が自分の上司にやっていたことなので、因果応報とも言える)、単に何をしなければならないかについていちいち交渉する必要があったりする部下の方にも同じくらい責任がある。

 筆者がプログラミングを好きな理由の1つがそれだ。プログラミングでは、コンピューターは人間の指示通りに動き、指示から外れることは一切ない。もちろん、プログラムが正確に指示に従ったことでバグにつながる場合も多いし、特に、初めて実行したときにはバグが発生しやすい。でも、それは構わないのだ。間違いはそのコードの中にあると分かっているのだから。

 適切なアルゴリズムを編み出したり、頭の中にあるアルゴリズムやデータ構造を、実際に動くコードに変換するのは大変ではあるが、コードはコードだ。一貫性があるし、それなりに予測可能だと言える。

 そこに登場したのがAIだ。ChatGPTのようなAIに指示を与えることは、プログラミングよりもプログラマーに指示を与える作業に近く、すべてが解釈と交渉の対象になる。もちろん何らかの結果を得ることはできるし、大量のコーディングなしでは得られなかったような結果が得られることもある。しかし、それには一定の駆け引きや、交渉や、指示の見直しなどが必要で、うまくいくまでには何度も試行錯誤を繰り返さなくてはならない。

 AIに同じプロンプトを2回与えても、返ってくる答えは毎回違う。コードであれば、何らかのランダム化の機能を入れているか、深刻なバグが発生しているのでない限り、2回実行すれば、2回ともまったく同じ結果が返ってくる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]