オラクル、レッドハットの「RHEL」ソースコード一般公開停止を非難

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2023-07-12 11:28

 IBM傘下のRed HatがLinuxディストリビューション「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)のソースコードの一般公開を停止する動きについて、筆者はOracleがこの争いに加わるのを待っていた。それが時間の問題にすぎないことは分かっていた。

抽象的なイメージ
提供:Yuichiro Chino/Getty Images

 OracleのチーフコーポレートアーキテクトEdward Screven氏と「Oracle Linux」の開発責任者Wim Coekaerts氏は米国時間7月10日のブログ記事で、独立系ソフトウェアベンダー(ISV)に向けてこう訴えた。「IBMの行動はISVの利益にならない。IBMはRHELの代替としての『CentOS』を抹殺し、『AlmaLinux』と『Rocky Linux』を攻撃することで、ISVの顧客が出費を抑えつつISVの取り分を増やせるようにする手段の1つを排除している」

 実際、Oracleは今や、オープンソースLinuxの擁護者を自認している。「Oracleは常に、Oracle Linuxのバイナリーとソースを誰もが自由に利用できるようにしてきた。当社は、Oracle Linuxを再配布するサブスクライバーの権利を妨げるようなサブスクリプション契約は結んでいない。一方、IBMのサブスクリプション契約では、サブスクリプションサービスを利用してGPLv2(GNU General Public License version 2.0)の権利を行使すると違反になると規定している」

 Red Hatは6月21日、RHELソースコードの一般公開を事実上終了すると発表した。これを受けて、同社とLinux開発企業の争いが激化している。

 とはいえ、今回の騒動は、数十年前から続く対立の最新の動きにすぎないとの見方もできる。OracleとIBMは1977年以来、ライバルであり続けている。この年、Larry Ellison氏はOracleを設立し、リレーショナルデータベースの概念とSQLを事業化した。SQLの前身となる技術はIBMが1970年に他社に先駆けて開発したものだが、Ellison氏はそうした技術を事業の中心に据えていった。

 Red Hatは6月26日、ソースコードの一般公開をやめた理由について説明した。同社は「Red Hatでは数千の人々が時間を費やしてコードを記述することで、新機能を実現し、バグを修正し、異なるパッケージを統合してそれらを長期にわたりサポートしている」と述べ、「われわれはこれらの人々の働きに対して支払わなければならない」とした。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]