日本オラクル、「Red Hat Enterprise Linux on OCI」を発表--OCI上のRHELを共同サポート

藤本和彦 (編集部)

2023-02-02 13:21

 日本オラクルは2月2日、クラウド基盤「Oracle Cloud Infrastructure」(OCI)の仮想マシン(VM)上で「Red Hat Enterprise Linux」(RHEL)を実行可能にする「Red Hat Enterprise Linux on OCI」を発表した。米Red Hatと米Oracleは1月31日、OCIとRHELに関して複数段階にわたる戦略的協業を発表しており、今回の発表はその第一段階に位置付けられる。

OracleのLeo Leung氏
OracleのLeo Leung氏

 OracleのOCIプロダクトマネジメント担当バイスプレジデントを務めるLeo Leung氏は記者会見で、「現在、Fortune 500企業の9割がRed HatとOracleの製品を利用している」といい、今回の戦略的協業によって、動作保証された構成としてOCIのVM上でRHELを実行できるようになったと語る。RHEL on OCIについては今後、両社が共同体制でサポートを提供していくことも強調した。

 また、Leung氏は、RHELをOCI上で運用する利点として、パブリッククラウドやハイブリッドクラウド、「OCI Dedicated Region」「Oracle Alloy」などの幅広い環境でRHELベースのワークロードを運用できることを挙げるとともに、OCIの柔軟なVM構成によってコストパフォーマンスを最適化し、リソースの無駄を最小限に抑えることができると話す。

OCIでRHELを実行するメリット
OCIでRHELを実行するメリット
認定されたRHELのバージョンとOCIのVM構成
認定されたRHELのバージョンとOCIのVM構成

 RHELはまず、Intel、AMD、Armの各プロセッサーを使用するOCIのVMでサポートされる。RHELをOCI上に展開する手順としては、(1)RHELイメージをダウンロード、(2)OCIのオブジェクトストレージにRHELイメージをアップロード、(3)OCIコンピュートにRHELイメージをインポート、(4)OCIのVMを起動――となっている。

OCIへのRHELの展開手順
OCIへのRHELの展開手順

 なお、OCIのベアメタルサーバーにRHELを搭載し、オンプレミス環境と同等のパフォーマンスと高い分離性を実現するための計画も開始されているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]