グーグルの「Bard」、音声読み上げや会話の固定などが可能に

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-07-14 08:09

 Googleは、当初期待外れだった人工知能(AI)チャットボット「Bard」に対し、ユーザーエクスペリエンスを高めるための新機能を追加し続けている。最新のアップデートでは、Bardの対応言語と提供地域を大きく拡大するとともに、新機能を追加した。

BardとGoogleレンズの連携
提供:Screenshot by Sabrina Ortiz/ZDNET

 Bardは米国時間7月13日から、アラビア語、中国語、スペイン語など40以上の言語で利用できるようになった。提供範囲も拡大し、ブラジルや欧州を含む国や地域でアクセスできるようになった。

 Bardの回答を音声で読み上げる新機能も追加された。この機能は回答を理解しやすくするもので、発表によると、文の正しい発音を聞きたい場合や、詩や台本のセリフを聞きたい場合などに役立つという。

 また、Bardの回答のトーンとスタイルを調整できるようになった。シンプル、ロング、ショート、プロフェッショナル、カジュアルから選べる。現時点では英語のみに対応するが、今後対応言語を拡大していく。この機能は、「Bing」チャットの回答に対して選択できる「独創性」「バランス」「厳密」のオプションに似ている。

 会話を後で再開できるように、会話を固定したり名称を変更したりするオプションがサイドバーに表示されるようにもなった。

 Pythonのコードを、「Google Colab」に加えて「Replit」にエクスポートすることも可能になった。

 共有可能なリンクをエクスポートするオプションも提供され、すべての会話を共有できるようになった。

 最後に、「Googleレンズ」とBardの連携により、プロンプトに画像を使用できるようになった。Google I/Oで最初に発表されたこの機能により、画像をアップロードして、それに関する詳しい情報をBardに尋ねたり、それをプロンプトに含めたりできる。この機能は現在は英語のみに対応するが、近いうちにより多くの言語に対応する予定だという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]