ウィズセキュア、「WithSecure Elements EDR」に新監視サービス「Co-monitoring」

河部恭紀 (編集部)

2023-07-18 15:06

 ウィズセキュアは7月18日、「WithSecure Elements Endpoint Detection and Response (EDR)」ソリューションに新しい監視サービス「Co-monitoring」に追加したと発表した。

 同社は、近年のサイバー攻撃の拡大を背景に、企業が自社のIT資産への侵入の兆候を24時間監視することが不可欠だと指摘する。WithSecure Co-monitoringは、ITやセキュリティ部門において限られたリソースしか持たない組織でもこうした機能を利用することを可能にするという。

 WithSecure Co-monitoringは、WithSecure Elements EDRによって生成された、検知に関するレポートおよび是正策のアドバイスを同社の専門家が24時間体制でモニタリングを行うサービス。

 主に以下のサポートをユーザーに提供する。

  • IT環境における深刻なリスクの有無を常に監視
  • 検知されたインシデントについて、対応策が必要な本当のインシデントであるかを確認するための検証および調査
  • 本当のインシデントとしての報告を対応する権限と能力を持つ適切な顧客担当者にタイムリーにエスカレーション
  • インシデントの封じ込めと修復のため顧客担当者にアドバイス

 WithSecure Co-monitoringは、WithSecure Elements EDRのアドオンとして利用でき、日本での展開は2024年度中を予定しているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]