AIで推し進める企業データの活用--BoxレヴィCEO

河部恭紀 (編集部)

2023-08-10 07:30

 クラウドストレージサービスを手掛けるBoxの共同創業者 兼 最高経営責任者(CEO)であるAaron Levie氏は8月8日、同社のビジョンとAI戦略について日本の報道陣に向けて話をした。

 同社は2005年に創業され、「人と組織の働き方を変革する」をミッションに掲げる。どのデバイスを使っても、どこからでも、いつでも、簡単かつ安全にデータへのアクセスや共有を可能にしたいとの考えがあったと同氏。

Aaron Levie氏
Aaron Levie氏

 現在、グローバルでの同社サービス導入企業は11万5000社。SpotifyやAirbnbといったスタートアップからIBM、Cisco、小松製作所といった世界的な企業が含まれる。Boxが日本に進出して10年を迎えているが、日本市場は最も急成長しており、インターナショナル市場では最大という。

 現在、日本や米国を問わず顧客と話をする際、トピックのトレンドとしては「データセキュリティ」「生産性向上」「コスト削減(効率的な事業運営)」という3つがあるとLevie氏は述べ、これらトレンドの中心にあるのはコンテンツ(非構造化データ)だと続ける。コンテンツは、企業にとって最重要データであり、企業がどのように事業を運営し、生産性を向上させ、セキュリティ性を確保し、最終的に効率性のアップを図るかということの中心になるという。

 その一方で、51%の企業でデータがサイロ化しており、それにより情報から十分な価値を見出すことができていないと同氏。例えば、契約書やマーケティング資料、財務情報などがあっても、サイロ化によって具体的な中身が分からなければ、コンテンツの力を把握できないままになってしまう。

 この状況は適切とは言えないと同氏は述べ、その理由として、企業データのうち、データベースの収められる構造化データは20%で、残りの80%は非構造化データであることを挙げる。企業が生産性を向上させ、セキュリティを担保しつつ、効率も上げたいとしながらも、情報の価値がどれほどなのか分からないのであれば、「解決法は一つ。AIの力を使うこと」と指摘する。

 企業は、AI利用から価値を得るには、自社にあるデータとAIモデルをセキュアで規制などに準拠した形でつなげる方法を見つける必要がある。それを可能にするには「きめ細かなアクセス制御」「法人向けの万全なセキュリティ」「企業データを訓練目的で使用しない、企業間で共有しない」「全てのコンテンツを対象とする」「あらゆるAIモデルに対応」といったことを満たすエンタープライズアーキテクチャーであり、それを実現するのが「Box AI」だという。

画像1

 5月に発表されたBox AIは、OpenAIの「GPT-3.5」「GPT-4」を利用するサービス。高度なセキュリティ、シームレスなワークフローとコラボレーション、オープンなプラットフォームを提供し、これらをAIが拡張・強化する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]