東大松尾研究室発スタートアップの検品AIシステム、東京都のDX推進支援事業に採択

NO BUDGET

2023-08-21 18:33

 東京大学松尾研究室発スタートアップ企業パンハウスは、AIを活用した同社の検品システム「Betelgeuse」が東京都のDX推進支援事業「DX Scrum Teamプロジェクト」に採択されたと発表した。

 パンハウスは、画像データからの文字読み取り、動画データからの行動解析、高精度な外観検査システムなどの技術に強みがあるといい、製造業をはじめとした多様な顧客に製品やソリューションを提供している。

 同事業で実証実験を行う製造工程を対象とした「検品AI技術」は、工場や生産現場における検品ミスの削減による品質向上、業務効率化による納期短縮、人件費などのコスト削減や人手不足の解消を通じて、製造業が抱える課題の解決や競争力の向上に貢献することを目指している。

 Betelgeuseの特徴として、迅速かつ高精度に検品業務を行うことを可能にし、労働人口の減少や人手不足に起因する製造業の課題を解消することがある。人の目による誤検出を大幅に減らせるため、品質の向上も期待される。また、検品や数え上げ作業にかかる時間を短縮し、納期遅れのリスクを低減する。加えて、データ蓄積/学習機能により、製品の品質基準や検品基準の変更にも迅速に対応できるとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]