先端システム技術研究組合、デジタルツインのための半導体設計基盤開発に着手

ZDNET Japan Staff

2023-05-17 15:00

 先端システム技術研究組合(RaaS)は5月17日、4月1日に次世代先端半導体設計プラットフォームの研究開発を開始したと発表した。誰もが専用チップを迅速に設計できる“民主化”を実現させるとしている。

 RaaSは、東京大学と半導体関連企業らが参加して2020年4月に設立された。現実空間とサイバー空間をつなぐ「デジタルツイン」において、データとAIなどを駆使した「データ駆動型社会」を支えるシステムに取り組む。これに必要な専用チップの開発効率とエネルギー効率をそれぞれ10倍に高める研究開発を目標としている。

 今回は、専用チップを素早く設計するためのアジャイル設計手法について、RaaSシステム系研究部門会員の東京大学、アドバンテスト、凸版印刷、日立製作所、ミライズテクノロジーズ、理化学研究所が共同研究開発に着手した。専用チップ開発で課題となるコストを抑制して組合員が共同利用できる次世代先端半導体開発プラットフォームの実現を目指す。

 また、専用チップのエネルギー効率向上のために、メガファウンドリーの7ナノミリ以降のCMOSプロセスを利用して、組合員が実現したいシステムを搭載したチップを製造できるようにするとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]