東京大学と日本IBM、127量子ビットプロセッサーマシンを日本初導入

ZDNET Japan Staff

2023-04-21 15:11

 東京大学と日本IBMは4月21日、米IBMが開発する127量子ビットの「Eagle」プロセッサーを搭載した量子コンピューター「IBM Quantum System One」を2023年中に日本で稼働させると発表した。北米地域以外では初という。

127量子ビットの「Eagle」プロセッサー(出典:IBM)
127量子ビットの「Eagle」プロセッサー(出典:IBM)

 今回、日本に導入される127量子ビットのEagleプロセッサーは2021年11月に発表された。東京大学とIBMは、2021年7月に神奈川県川崎市の「かわさき新産業創造センター」へ27量子ビットの「Falcon」プロセッサーを搭載するIBM Quantum System Oneを導入して、量子イノベーションイニシアティブ協議会参加企業や国内の学術研究機関などが利用できるサービスを提供している。

 両者は、100超の量子ビットの量子コンピューターが新たに稼働することで、日本での量子コンピューターの研究や産業革新が加速され、「古典的コンピューターだけよりも量子コンピューターも組み合わせて利用する方がビジネスや科学に関連する計算課題をより効率的に費用対効果が高く正確に実行できるようになる『Quantum Advantage』の目標達成がますます近くなることが期待される」とコメントした。

 日本IBM 代表取締役社長執行役の山口明夫氏は、「127量子ビットプロセッサーを日本にいち早く導入し、東京大学を通じて日本の産業界、研究者の皆様にご活用いただけるようになることをうれしく思う」と述べている。

127量子ビットプロセッサーの日本導入を発表した関係者(提供:日本IBM)
127量子ビットプロセッサーの日本導入を発表した関係者(提供:日本IBM)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]