グーグル、機械学習ツール「Vertex AI」のアップデートを発表

Tiernan Ray (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2023-08-30 11:37

 Googleのクラウド部門Google Cloudは米国時間8月29日、機械学習モデルの構築や展開をするためのツール群「Vertex AI」のアップデートを発表した。具体的には、大規模言語モデル「PaLM 2」のアップデート、Meta Platformsの「Llama 2」といったサードパーティーによる新たなモデルへの対応、企業データへのアクセスを可能にする拡張機能などがある。

提供:Cesc Maymo/Getty Images
提供:Cesc Maymo/Getty Images

 この発表は、サンフランシスコで開催中の年次カンファレンス「Google Cloud Next」で、他の複数の発表とともに行われた。イベントでは、生成AI機能「Duet AI for Google Workspace」のほか、「Duet AI in Mandiant Threat Intelligence」を含む新たなセキュリティ機能などが発表された。

 企業向けアップデートの目玉は、企業が独自のデータを統合できるようにするVertex AIの拡張機能「Vertex AI Extensions」だろう。

 GoogleはVertex AI Extensionsをこう説明した。「開発者は、リアルタイムの情報を提供し、企業データを組み込み、ユーザーに代わって動作する拡張機能へのアクセス、構築、管理が可能になる。これにより、企業の延長として運用できる生成AIアプリケーションの新たな可能性が無限に広がる」

 Googleはまた、ブラウザーでPythonを記述するためのノートブックシステム「Colab」の企業向けバージョン「Colab Enterprise」を発表した。データサイエンティストはこの新バージョンを利用して、企業レベルのセキュリティおよびコンプライアンス機能を利用し、AIのワークフローを加速できるという。

 同社は、「Pathways Language Model(PaLM)」の第2バージョンとして5月にリリースしたPaLM 2を拡張し、モデルが出力を計算する際に各パスで処理するユーザー入力の量を指す「トークン上限」を増やしたことも発表した

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]