「マネーフォワード Admina」、デバイス管理機能を提供--ITデバイスの管理を効率化

河部恭紀 (編集部)

2023-09-11 07:42

 マネーフォワードは9月8日、傘下のマネーフォワードiが提供する「マネーフォワード Admina」において、ITデバイスを管理できる「デバイス管理機能」が追加されたこと発表した。

 デバイス管理機能は、社内のITデバイスをAdminaに登録し、一元的にステータスを可視化する。入退社の際に従業員に付与・削除するSaaSアカウントと、ITデバイスの双方をAdmina上で管理できることにより、重複管理の手間を削減する。

 企業の情報システム部門は、従業員のPCやスマートフォン、ネットワーク機器、複合機、セキュリティカードなど、多種多様のITデバイスを管理対象としている。多くの場合、これらをPC管理台帳、スマートフォン管理台帳、備品管理台帳、情報資産管理台帳など、個別の台帳で管理していることから、データの分断や管理コストの増大といった課題の原因となっている。

 また、資産管理ツールやモバイル端末管理(MDM)を導入している場合でも、表計算ソフトを用いて割当管理や在庫管理をする必要があり、重複管理の手間が生じている。

 このような課題を解決するためデバイス管理機能では、ITデバイスの管理に利用している表計算ソフトや在庫管理ツールから、Adminaへデータ移行する際、現存データをそのままインポートすることができる。Adminaのユーザーインターフェース(UI)上から、各自のITデバイス保有状況を一覧で確認することが可能で、従業員にひも付かない拠点モニターや共有PCなども合わせて管理できる。「貸与」「在庫」「故障」など、各種のステータスも管理可能。ステータスや利用者が変更される場合も自動で記録し、過去の利用者情報もさかのぼって確認できる。

ITデバイスの利用履歴も追うことができる
ITデバイスの利用履歴も追うことができる
ITデバイスとその利用者、ステータスなどを一元化
ITデバイスとその利用者、ステータスなどを一元化

 デバイス管理機能の利用にはAdminaの「Device プラン」への申し込みが必要となる。

 Adminaは、社内で使用されているSaaSの状況を可視化し、管理を支援する「SaaS管理プラットフォーム」として2021年に提供開始されたサービス。しかし、情報システム部門の業務はSaaS管理だけでなく、多岐にわたる。リモートワークの普及によるリモートアクセスの実施とゼロトラストの重要性、セキュリティの強化、コラボレーションツールの導入とサポート、リモートによるトラブルシューティング、クラウドインフラストラクチャーの管理など、時代の変化と共に業務範囲は広がり、負荷が増しているという。

 そのため、Adminaでは、SaaSと同様に工数がかかる「ITデバイスの管理」も効率化したいと考え、「デバイス管理機能」の提供を開始したとマネーフォワードは説明する。今後も、SaaS管理の枠を超え、情報システム部門の業務全体を効率化し、ITマネジメント戦略のコアツールとして企業のDX促進に貢献できるよう、Adminaの対応業務領域を広げるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]