GitHub、「GitHub Copilot Chat」を個人ユーザー向けにベータ提供

河部恭紀 (編集部)

2023-09-21 15:05

 GitHubは米国時間9月20日、「GitHub Copilot for Individuals」ユーザーが「GitHub Copilot Chat」のベータ版を利用できるようにした

 GitHub Copilot Chatは、AIペアプログラマー「GitHub Copilot」と対話できるチャットインターフェース。7月には、パブリックベータ版が「GitHub Copilot for Business」向けに提供されており、今回の発表はそれに続くもの。

 GitHub Copilot ChatとGitHub Copilotとの統合は、自然言語の使用により頭で思い描く速さでの開発を可能にする強力なAIアシスタントを形成するとGitHubはアピールする。この連携は、ソフトウェア開発体験の新たな中核をなし、定型的な作業を根本的に減らし、自然言語を新たな普遍的なプログラミング言語として全開発者が指定できるようにするという。

 GitHub Copilot Chatのベータ版は、Copilot for Individualsの全ユーザーに向けて無償で提供される。現在、GitHub Copilot Chatは、「Visual Studio」「Visual Studio Code」でサポートされている。GitHub Copilot for Individualsユーザーには次のステップを案内する通知メールも送付される。ベータプログラムに参加しておらず、GitHub Copilot Chatの利用開始を希望する場合、その電子メールに記載されているリンク先にある包括的な開始ガイドを参照するよう同社は説明する。

 GitHub Copilot Chatは、ベストプラクティスやヒント、ソリューションを特定のコーディングの課題に合わせてリアルタイムに推奨する。開発者は、GitHub Copilot Chatを使うことで、新しい言語を学んだり、スキルを迅速に向上したりできる。複雑なコンセプトを分解し、コードスニペットに対する説明を得ることも可能。

 セキュリティに関する改善方法を推奨し、セキュリティスキャンで発見された脆弱(ぜいじゃく)性の数を減少させることを支援する。コードをデバッグする場合、問題の特定だけでなく、推奨、説明、代わりとなるアプローチも提供する。

 GitHubは、生成AIの力を引き出すための同社の取り組みである「GitHub Copilot X」の次のステップとして、GitHub Copilot for Individualsユーザー向けにGitHub Copilot Chatのパブリックベータ版をリリースできることをうれしく思うと述べる。「新しい普遍的なプログラミング言語としての自然言語の台頭を可能にすることで、ソフトウェア開発を民主化し、全開発者が明日のイノベーションを構築し、人類の進歩を加速できるようにする」(同社)

画像
出典:GitHub

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]