調査

国内生成AI市場、2027年に780億円規模へ成長--IDC Japan予測

ZDNET Japan Staff

2023-09-26 12:39

 IDC Japanは9月26日、国内の生成AIユースケース市場が今後5年で780億円規模に成長するとの予測を発表した。

 生成AIは2022年後半から大規模言語モデル(LLM)を利用したサービスがITサプライヤーから相次いで発表され、国内AIシステム市場の活性化要因の一つとなっている。そのため、
IDCは生成AIのユースケースをオーディオ、イメージ、テキスト、ビデオの4種類に分類し、その支出額から市場規模を予測した。

 この結果、生成AIユースケース市場は、2022年から5年間で年平均194.7%で伸長し、2027年には786億9400万円の市場規模になると見込んでいる。生成AIは要約、検索、翻訳など一般業務での利用だけでなく、アプリケーションの自然言語応答、エンターテインメントや顧客体験(CX)分野での音声/広告作成、教育分野での教材作成など、多岐にわたる利用方法が想定されている。

 一方で利用コストや正確性、セキュリティ、生成物の権利/倫理などの課題も存在している。信頼できるツールやプラットフォームを選び、市場の要請に対してユーザー企業が適切な適用ポリシーを順守することで市場は急速に拡大するとIDCでは見ている。

 IDC Japan Software/Service Solutionsのグループディレクターである眞鍋敬氏は「AIシステム市場に対する生成AIのインパクトは支出額ベースでは大きくないように見えるが、アプリケーションやプラットフォームへの組み込みが進む現在、ビジネスプロセスに対する重要性は拡大すると予測される。生成AIは企業がセキュリティ、ガバナンス、倫理について検証を進め、ビジネス適用のためのポリシーを制定した上で適切なユースケースを開拓することで、労働生産性や顧客サービスの向上などに不可欠なツールに発展するだろう」と述べている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]