サイバーエージェント、生成AIなどの開発基盤にIDCフロンティアを採用

ZDNET Japan Staff

2023-09-27 11:11

 IDCフロンティアは、同社の「高負荷ハウジングサービス」がサイバーエージェントの生成AIなどの開発基盤として採用されたと発表した。サイバーエージェントは、同サービスで「NVIDIA H100 Tensor コアGPU」80基と「NVIDIA DGX H100」を使用する。

 IDCフロンティアによると、サイバーエージェントによるH100の使用は国内最大規模で、DGX H100の使用は国内初になる。サイバーエージェントは、インターネット広告事業でのAIの研究開発を2016年から進め、AIによる効果予測やAI解析を応用した広告関連プロダクトの強化のために当時最新の「NVIDIA DGX A100」を導入、IDCフロンティアの空冷空調のデータセンターで運用していたという。

サイバーエージェントのAI開発基盤における「NVIDIA H100 Tensor コア GPU」搭載のサーバー群(出典:IDCフロンティア)
サイバーエージェントのAI開発基盤における「NVIDIA H100 Tensor コア GPU」搭載のサーバー群(出典:IDCフロンティア)

 さらに同社は、2021年から大規模言語モデル(LLM)にも取り組み、大規模トレーニングのために数週間単位の計算リソースの連続稼働を行う必要性から、今回のH100とDGX H100の構成によるシステム導入に至ったとする。ただ、これでは空冷空調のデータセンターの冷却性能と電力供給能力が不足するといい、「高負荷ハウジングサービス」を採用した。

 このサービスでは、ラック当たり最大20kVAを給電可能で、H100搭載サーバーを1ラックに複数台設置できること、「リアドア型空調機」による高発熱機器の安定冷却が可能なこと、H100搭載サーバーのオンサイトの作業をIDCフロンティアに代行できることが採用理由だとしている。

 サイバーエージェント グループIT推進本部は、「国内でこれらGPU搭載のサーバーを設置できるデータセンターの選択肢は限られ、高い電力供給、水冷方式のリアドア型空調機で安定した冷却性能が得られることが採用理由で最も大きなところ」とコメントしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]