新幹線車内のビジネス用ブースをスマホで予約--東海道・山陽新幹線で本格稼働

寺島菜央 (編集部)

2023-10-06 16:36

 JR東海とJR西日本は、東海道・山陽新幹線車内の「ビジネスブース」に、スマートフォンから即時予約/管理ができる「VACAN Autokeep」を導入し、本格的な運用を開始する。同サービスを提供するバカンが10月6日に発表した。

 VACAN Autokeepは、人手を介さずに座席の空き状況や予約を確認/管理できる。今回の取り組みでは、東海道・山陽新幹線N700Sの7・8号車間に設置されるビジネスブースに同サービスを導入し、乗車中の利用者が自身のスマートフォンから同ブースの空き状況をウェブサイトで確認し、予約できるようにする。

 利用者はビジネスブースを利用したいタイミングで、新幹線の座席に搭載されているリーフレット、またはビジネスブース内に設置されているタブレットに表示されているQR コードを読み取ることで、同ブースの予約や利用ができる。

VACAN Autokeepの利用イメージ
VACAN Autokeepの利用イメージ

 JR東海とJR西日本は、コロナ禍によるテレワークや在宅勤務などの新しい働き方の需要増加を踏まえ、ビジネスパーソン向けの車両や社内Wi-Fi環境の整備に取り組んできた。その取り組みの一環として、一時的な打ち合わせや電話、ウェブ会議にも利用できるビジネスブースを設置し、2022年5月にVACAN Autokeepの試験的な導入を行った。

 バカンによると、試験的な導入における運用データから、幅広い年齢層がVACAN Autokeepを利用していることが分かったという。その理由について同社は、アプリのダウンロードが不要でQRコードから容易に予約できるといった、技術的な利用ハードルが低い仕様になっているためだと推察する。

 JR東海とJR西日本は、試験的に導入している編成では同サービスの利用を継続して行い、それ以外の編成については2023年10月1日以降、整備が完了した編成から順次利用できるとしている。

ビジネスブース内における「Autokeep」の設置イメージ(提供:JR東海)
ビジネスブース内におけるVACAN Autokeepの設置イメージ(提供:JR東海)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]