AIが英語の発音を指導--日本MS、「Next GIGA」に向け“三方よし”探る

大場みのり (編集部)

2023-10-18 12:15

 日本マイクロソフトは10月17日、「GIGAスクール構想」におけるIT環境の大型更新「Next GIGA」に向けて、AIを活用したクラウドサービスや「Windows」のPCなどの文教ソリューションを解説した。Next GIGAでは2025年頃、PC端末の更新やさらなる利用促進を予定している。

 コロナ禍に伴いPCの配布が前倒しで進み、学校現場では現在900万台以上が利用されている。執行役員 パブリックセクター事業本部 文教営業統括本部長の中井陽子氏は「約3割のお客さまがWindowsを採用しており、そのうちの約5割は『Microsoft 365』で学習を行っている」とアピールした。

執行役員 パブリックセクター事業本部 文教営業統括本部長の中井陽子氏(写真提供:日本マイクロソフト)
執行役員 パブリックセクター事業本部 文教営業統括本部長の中井陽子氏(写真提供:日本マイクロソフト)

 日本マイクロソフトによると、ITを活用した教育が普及し始めている一方、本格的な定着を実現するには「自治体」「教職員」「児童・生徒」それぞれの課題を解決する必要があるという。自治体は「予算に限りがある」、教職員は「とにかく忙しい」、児童・生徒は「精神的な幸福度や学習意欲が低下傾向にある」という課題を抱えている。こうした中、同社は「“三方よし”を実現する三位一体の改革が必要」と認識している。

 教育ソリューションにより同社は、時間と場所を選ばない教員の働き方を実現し、新たに創出された時間を活用して児童・生徒の学習状況の可視化や指導の個別最適化を図る。こうした体制により、児童・生徒が学習への関心や教員・クラスメートと関わる安心感を持てるようにする――というストーリーを描いている。具体的な施策として、教員のライセンスを購入すれば児童・生徒のライセンスが無償となる「包括ライセンス」を提供するほか、AIを活用した個別最適化ツール「Learning Accelerators」を用意する。

 Learning Acceleratorsは「Teams for Education」において無料で利用可能。同ツールは「基礎的な力」として音読・計算力・心の健康、「将来の成功に向けたスキル」として情報リテラシーとプレゼンテーション力をサポートする。学習データは自動で蓄積され、「Education Insights」において児童・生徒個人/クラス/学校単位で情報を可視化する(図1)。

図1:Learning Acceleratorsの全体構成 図1:Learning Acceleratorsの全体構成
※クリックすると拡大画像が見られます

 Learning Acceleratorsには、教員向けのツール「Progress」、児童・生徒向けのツール「Coach」がある。例えば、教員はProgressで宿題を設定し、児童・生徒はCoachによるアドバイスのもと宿題に取り組む。教員はProgressで児童・生徒が提出した宿題を確認し、Education Insightsで一人一人の学習状況を把握する。

 中井氏は「Learning Acceleratorsは、国内でも多くの学校で利用されている。海外ではコロナ禍を機に利用が増え、米国の先生からは『これを使うと、教室にアシスタントティーチャーが20人ぐらいいるようだ』という声を頂いている」と語った。

 Learning Accelerators内の機能で、AIを活用して児童・生徒の音読を支援する「Reading Progress & Reading Coach」については、多くの教員が効果を実感しているという。

 例えば、栃木県の公立小学校は「小学校低学年の国語に利用している。『音読は大切』と言いつつも、一人一人しっかりと聴いてあげることが難しく、家庭学習に委ねてしまった。Reading Progressを活用することで、子どもたちが『しっかりと聴いてくれる相手がいる!しかも手厳しい!』と一生懸命読む練習に取り組んでいた。恥ずかしがり屋の子も緊張せずに取り組めるのも良い。皆、納得したものを送ろうと何度も録画にトライし、読み方が目に見えて上達した」とコメントしている。

 成城中学・高等学校では「中高各学年、英語の音読活動の充実のために利用している。授業外でも多くの時間、英語に触れてほしいという思いから取り組ませている。AIによる客観的な採点のおかげもあり、生徒たちは楽しみながら日々の課題に挑戦しており、より正確な発音を目指そうと努力する様子がうかがえる」とのことだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]