調査

ゼロトラストに取り組んでいる組織は61%に--Okta調査

NO BUDGET

2023-10-25 09:03

 Okta Japanは、企業におけるゼロトラストの取り組み状況を調査した最新レポート「The State of Zero Trust Security 2023」を発表した。これによると、ゼロトラストに取り組んでいる組織の割合は、2021年では24%だったが、2022年には半数を超え、2023年は61%に増加していることが分かった。


 この調査は、米国、カナダ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、オランダ、ノルウェー、スウェーデン、英国、日本、オーストラリアの情報セキュリティ意思決定者860人を対象に実施した。情報セキュリティの意思決定者の同社の定義は、「テクノロジー購入の意思決定に責任を負うディレクター以上の従業員」。


 ゼロトラストセキュリティ戦略全体でアイデンティティーが「非常に重要」であると回答した割合は、2022年は世界平均で27%にとどまっていたが、2023年は51%にまで増加した。

 日本では39%が「非常に重要」、35%が「ある程度重要」と回答している一方、19%が「どちらともいえない」、7%が「あまり重要ではない」または「まったく重要ではない」と回答した。世界全体に比べ、アイデンティティーの重要性に関する認識が浸透していない傾向があるという。

 地域別でアイデンティティーを重視する割合が最も高いのは、北米回答者の64%。アイデンティティーを「非常に重要」であると考え、32%が「ある程度重要」であると考えている。欧州、中東、アフリカとアジア太平洋・日本では、「非常に重要」と回答した割合はそれぞれ50%と44%、「ある程度重要」と回答した割合はそれぞれ42%と46%だが、アイデンティティーの重要性について「どちらとも言えない」と答えている回答者がそれぞれ7%と8%だった。アジア太平洋・日本地域では、アイデンティティーの重要性について「あまり重要ではない」または「まったく重要ではない」を選択した回答者が少数ながら2%あった。


 アイデンティティー管理に関するセキュリティ部門の関与については、北米では73%の組織でセキュリティ部門がアイデンティティー管理を全面的に担当しており、欧州、中東、アフリカでは50%に上る。アジア太平洋・日本では、担当部門が分散しており、セキュリティ部門にアイデンティティー管理の全面的な管理を委ねている組織は41%にとどまっている。

 日本は45%の組織でセキュリティ部門が全面的な管理を担っている一方、38%の組織では部分的な管理、17%の組織では別の組織での管理となっており、他国と比較して、担当部門がさらに分散している傾向が見られるという。



 今後12~18カ月以内に取り組む予定のゼロトラストソリューションについては、北米の組織では「クラウドへの特権アクセスの管理」と「プロビジョニング/デプロビジョニングの自動化」が上位に挙げられた。

 欧州、中東、アフリカでは「従業員向けの多要素認証の導入」「APIへのアクセスの保護」「従業員ディレクトリーとクラウドアプリの接続」などが最優先の取り組みとして挙げられた。

 アジア太平洋・日本の企業は平均して、「セキュリティに優先的に取り組む」と回答する割合がやや低かった。全体として計画の対象が分散し、「クラウドインフラストラクチャーへの特権アクセスの管理」と「APIへのアクセスの保護」を筆頭に、「従業員向けの多要素認証の導入」「パスワードレスアクセスの導入」「従業員ディレクトリーとクラウドアプリの接続」が挙げられている。

 日本では、「従業員ディレクトリーとクラウドアプリの接続」や「従業員向けのシングルサインオン導入」「パスワードレスアクセスの導入」などが比較的上位に挙げられている。一方で、他国と比較して、「クラウドインフラストラクチャーへの特権アクセスの管理」や「従業員や外部ユーザー向けのプロビジョニング/デプロビジョニングの自動化」「外部ユーザー向けのシングルサインオン導入」などの取り組みが遅れている傾向が見られるという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]