NEC、25万台のIT資産を「Tanium Cloud」で一括管理--現場の作業負荷を大幅に軽減

NO BUDGET

2023-10-27 11:58

 NECは、海外拠点に続いて国内においても、統合型のエンドポイントセキュリティ製品「Tanium Cloud」を導入した。同製品を提供するタニウムが発表した。この導入で、NECは全世界25万台のIT資産を一括して管理できるようになったという。

 同社は、2019年に海外拠点のエンドポイントを統合的に管理するソリューションを検討する中で「Tanium」を導入し、それまで抱えていた脆弱(ぜいじゃく)性の把握やIT資産管理の強化、パッチ適用の効率化などの課題に対応してきた。

 今回、海外と同様の課題を抱えていた国内にもTanium Cloudを導入することで、約2週間かかっていたパッチの配信が、一元管理により4〜5日に短縮できた。

 またパッチ適用のプロセスを見直したことで、現場の工数も15分の1以下に削減できたという。かつては脆弱性対応調査に24時間以上を要していたが、今では5分程度で社内全体の脆弱性を把握できるようになった。

 NECは、大規模環境での展開をスムーズに進めるために、タニウムのエンタープライズサービスを活用し、タニウムのエキスパートとも連携して展開時の課題の解決やチューニングを行った。また、現場への説明会にも力を入れることで、4カ月で22万台への展開を完了したという。

 NECは自社で導入したTaniumソリューションの外部販売も行っており、NECの統合エンドポイント管理基盤(UEM)として、独自のノウハウや周辺ツールとの連携を含めて顧客に提案している。今後、NECグループでの導入経験を生かしたコンサルティングにも力を入れ、社内の成果を社外へ還元していく予定だ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]