アップルが発表した「M3」チップはインテルへの挑戦状、その戦略的意義は

Jason Perlow (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2023-11-08 06:30

 Appleは、米国時間10月30日に開催した「Scary Fast」イベントで、「M3」チップファミリー(「M3」「M3 Pro」「M3 Max」)を発表した。最先端の3ナノメートルプロセスで製造されたこのAppleシリコンの新ラインナップは、パフォーマンスと効率性、そして市場における戦略的優位性を追求する同社の姿勢を示している。

M3、M3 Pro、M3 Maxのロゴ
提供:Apple/ZDNet

 これらのチップは処理能力と効率が大幅に向上したが、今や焦点は、これらのチップが生かせる現実のアプリケーションや、特に一般的な消費者や市場に対する影響に移っている。この記事では、M3チップの技術的進歩について概観し、どのようなユーザー層向けの製品なのか、競合チップメーカーとの間で激しい競争を繰り広げている市場にどのような影響を及ぼすのかについて考えてみたい。

進化のペースは速いが段階的な進歩にとどまる

 これらの新チップは賞賛に値する段階的な進歩を遂げている。Appleは半導体の数を増やし、必要電力を下げることによってチップの能力を大きく向上させた。しかし率直に言えば、「M2」や「M1」も十分な性能を備えていたし、ほとんどの消費者やビジネスユーザーは、現時点でもそれらのチップの性能を十分に活用できているとは言えない状況だ。

Apple Studioの外観画像
提供:Jason Hiner/ZDNet

 例えば、筆者のデスクには「M1 Max」と32GBのRAMを搭載した「Mac Studio」が乗っている。筆者はそのMac Studioで、主にウェブブラウザーを使って記事を書いたり、編集者としての仕事をしたりしている。しかしこのマシンは現状でも性能過多だ。たまにRAMがもっと欲しい思うことはあるが、これ以上パワーが増えても筆者の作業がはかどることはない。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]