MS、「Maia 100」AIアクセラレーターと「Cobalt 100」プロセッサーを発表

Tiernan Ray (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-11-16 12:49

 Microsoftは米国時間11月15日、開発者向け年次カンファレンス「Microsoft Ignite 2023」で、「Microsoft Azure」クラウドサービス向けのカスタムクラウドコンピューティングチップとして以前から登場が予想されていた「Microsoft Azure Maia 100 AI Accelerator」を発表した。このチップは同社によると、生成型の人工知能(AI)などのタスクに最適化されているという。

Maia 100
提供:Microsoft

 Maia 100は、AI向けアクセラレーターのシリーズとなる「Maia」の第1号製品だという。Microsoftは同製品について、1050億個のトランジスターが集積されており、「5ナノメートル(1ナノメートルは10億分の1m)プロセス技術を採用したチップとしては最大規模の製品の1つ」だと述べた。

 さらに同社は、クラウドコンピューティング向けととなる初の自社開発プロセッサー「Microsoft Azure Cobalt 100」を発表した。Cobalt 100はMaia 100とともに、一連の自社開発マイクロプロセッサー計画の第1弾を飾るものだ。Cobalt 100はArmの命令セットアーキテクチャーに基づいている。なお、このアーキテクチャーはArm Holdingsのライセンスの下、NVIDIAやAppleを含む数多くの企業で使用されている。

提供:Sabrina Ortiz/ZDNET
Azure Cobaltプロセッサーを発表する最高経営責任者(CEO)のSatya Nadella氏
提供:Sabrina Ortiz/ZDNET

 Microsoftによると、Cobalt 100はダイ上に128基の演算コアを搭載した64ビットプロセッサーであり、「Microsoft Azure」が使用してきているArmベースの他のチップよりも最大で40%の性能向上が期待できるという。また同社は、「Microsoft Teams」や「Azure SQL」を含むプログラムで既にCobalt 100が活用されていると述べた。

Cobalt 100
提供:Microsoft

 同社によると、Maia 100とCobalt 100は最大200GB/秒のネットワーク帯域幅を有しており、データのスループットは最大12.5GB/秒に達するという。

 今回のクラウド/AI向けカスタムプロセッサーの発表により、クラウド大手3社全てがこの分野に参入を果たしたことになる。Googleは2016年に「Tensor Processing Unit」(TPU)でカスタムプロセッサー競争の口火を切り、Amazon Web Services(AWS)が「AWS Graviton」や「AWS Trainium」「AWS Inferentia」といった一連のプロセッサーで後に続いていた。

 Microsoftは、Azure向けのプロセッサー供給でNVIDIAとAMD双方との提携関係を継続している点を強調した。そして2024年に、NVIDIAの「Hopper」アーキテクチャーを採用した最新GPU「NVIDIA H200」と、AMDによる対抗GPUである「AMD Instinct MI300」を追加する計画だ。

 Microsoftのプロセッサーは、「GitHub Copilot」といったプログラムを支援するとともに、AIを手掛ける新興企業のOpenAIが提供する生成型AIの稼働にも用いられる。Microsoftは、OpenAIに対して110億ドル(約1兆6600億円)の投資を実行してきており、独占的な提携を結んでいる。

Maia 100用のカスタムラック
提供:John Brecher for Microsoft

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]