開発者の生産性を最大限まで引き上げる方法--マイクロソフト調査

Joe McKendrick (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2023-10-30 06:30

 リモートワークを許可し、ミーティングを最小限に抑えることで、開発者の生産性を最大限まで引き上げられるようになる。

PCに向かう人物
提供:skynesher/Getty Images

 これは、Microsoftのプリンシパル生産性エンジニアであり、同社における生産性に関するパターンを調査したBrian Houck氏の言葉だ。同氏は、Gradleの主催によりニューヨークで開催されたカンファレンス「Developer Productivity Engineering(DPE)Forum」で、その知見を参加者らに披露した。Houck氏と同氏のチームは、Microsoftのさまざまな部門で勤務する開発者5000人を調査し、驚くべき結果を見い出していたのだ。

 2020年における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックという危機を乗り切るために、Microsoftは他の多くの企業と同様、全てのオフィスワーカーとプロフェッショナルワーカーのために100%リモートで働けるような環境を用意した。これによってHouck氏とその同僚には、リモートワークが開発者の生産性に与える影響を調査する機会がもたらされた。同氏らは、Microsoftの5000人の開発者およびエンジニアを対象にした調査を実施し、開発者らがオフィスで週5日間働いている時よりも、リモートで働いている時の方が生産性が高くなるという知見を得た。しかしこの調査は意外な結果ももたらした。それは、ハイブリッドワークがより高い生産性や、仕事に対する高い満足感にはつながらないというものだった。

 この調査により、開発者が仕事中、特にコードのレビューを待ったり、ミーティングに参加している時間に抱く心の乱れによって集中力が低下するということが明らかになった。Houck氏によると、「仕事への集中」が鍵であり、気を散らす物事は生産性低下の大きな原因になるという。

 生産性の測定は複雑な作業となる。例を挙げると、開発者からのプルリクエストの数は、2020年春の全面的なリモートワーク期間中に20%上昇した。そして同時期には、Microsoftの株価も20%上昇した。Houck氏は「われわれは大量のコードを生産していた」と述べた上で、「こうした数値に目を向けると、生産性が向上したのは確かだと思うかもしれない。しかしそれは違う。当社の開発者らは惨めな状況にあった。彼らは1日に12~14時間も働き、チームとのつながりを失っていると感じていた」と述べた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]