アマゾン、AI講座を無料で提供する「AI Ready」開始--奨学金制度も

Lance Whitney (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2023-11-22 13:02

 Amazonは生成型の人工知能(AI)関連のキャリアを構築したいと考えている人々に向け、無料の訓練コースと奨学金制度を提供する。同社は米国時間11月20日、従業員や学生などがAIや生成AIについて学べるよう支援するための取り組み「AI Ready」を発表した。

人工知能のイメージ
提供:Andriy Onufriyenko/Getty Images

 AI Readyは、以下のものから構成されている。

  • AIおよび生成型AIに関する8つの新たな無料コース
  • 世界各地の5万人を超える高校生および大学生がUdacityの新たな生成型AIコースを受講できるようにする奨学金制度「AWS Generative AI Scholarship」
  • Code.orgとのコラボレーションによる、生成型AIに関する学生向けの訓練

 無料コースについては、開発者および技術者の作業として需要が高い分野を網羅するコースとともに、業務リーダーや非技術系プロフェッショナル向けのコースが合わせて8つ、新たに開講される。

 これらの新コースは、生成型AIに関してAmazon Web Services(AWS)が無料または低価格で提供している80以上のコースに追加される。

 Amazonは開発者や技術者向けとして、以下の無料コースを用意している。

  • Foundations of Prompt Engineering(プロンプトエンジニアリングの基礎):このコースでは受講者にプロンプトエンジニアリングの概要を紹介し、プロンプトの作成方法を説明するとともに、高度なプロンプトテクニックまでを網羅する。
  • Low-Code Machine Learning on AWS(AWS上でのローコードによる機械学習[ML]):このコースでは受講者にデータの準備方法や、MLモデルの訓練/配備方法を説明する。このコースは、MLに関する深い知識を有していないものの、最低限のコーディングスキルのある人たちを対象としている。
  • Building Language Models on AWS(AWS上での言語モデルの構築):このコースでは、「Amazon SageMaker」の分散型訓練ライブラリーを用いて言語モデルを構築する方法と、オープンソースモデルと基盤モデルの最適化方法を解説する。
  • Amazon Transcribe Getting Started(「Amazon Transcribe」入門):このコースではAmazon Transcribeの使用方法を解説する。Amazon Transcribeは自動音声認識技術を用いて音声をテキストに変換するAIプラットフォームだ。
  • Building Generative AI Applications Using Amazon Bedrock(「Amazon Bedrock」を用いた生成型AIアプリケーションの構築):このコースでは、生成型AIアプリケーションをビルドするためのAmazon Bedrockの使用方法を解説する。

 非技術系プロフェッショナル向けとしては、以下のコースを用意している。

  • Introduction to Generative Artificial Intelligence(生成AIの紹介):このコースでは、生成AI、その応用、基礎モデルなどの重要な概念について紹介する。
  • Generative AI Learning Plan for Decision Makers(意思決定者向けの生成AI学習プラン):3つのコースで構成されており、生成AIのプロジェクトを計画し、生成AIに対応する組織を作る方法を説明する。
  • Introduction to Amazon CodeWhisperer(「Amazon CodeWhisperer」の紹介):このコースでは、コード全てを作成するためのAIコード生成ツールであるAmazon CodeWhispererの使用方法を解説する。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]