CyberLink製品を悪用したサプライチェーン攻撃、MSが報告--北朝鮮のグループか

ZDNET Japan Staff

2023-11-24 10:09

 Microsoft Threat Intelligenceは米国時間11月22日、北朝鮮に拠点を置く攻撃グループ、Diamond Sleet(旧ZINC)によるサプライチェーン攻撃を検出したことを発表した。これまで日本、台湾、カナダ、米国などで、100台以上のデバイスが影響を受けているという。

キーボードを打つ手
提供:Getty

 攻撃者は、マルチメディア関連ソフトウェアを開発する台湾企業CyberLinkのアプリケーションを基に、不正な亜種を作成している。この不正なファイルは正規のインストーラーを改変したもので、第2段階のペイロードをダウンロード、復号し、ロードする。CyberLinkに発行された有効な証明書によって署名されているほか、正規のインフラ上でホストされている。また、セキュリティー製品による検出を回避するため、実行のための時間が制限されている。

 この第2段階のペイロードは、Diamond Sleetが前に侵害したインフラと通信しているため、Microsoftは今回の攻撃が同グループによるものだと確信しているという。

 同社はさらなる攻撃のリスクを軽減すべく、この侵害についてCyberLink、顧客、GitHubに通知するなど、さまざまな対策を講じたとしている。

 Microsoftによると、Diamond Sleetは世界各地のメディア、防衛、IT業界を狙った攻撃で知られており、主に諜報活動、個人・企業データの窃盗、金銭的利益、企業ネットワークの破壊を目的に活動している。さまざまなカスタムマルウェアを使用しているのが特徴で、最近ではトロイの木馬化したオープンソースのプロプライエタリーソフトを使い、IT、防衛、メディア関連の組織を標的にしていたという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]