NTTグループ4社、品川港南エリアでXR活用した回遊性向上の取り組みを実施

NO BUDGET

2023-11-29 10:43

 NTTアーバンソリューションズ、NTTコミュニケーションズ、NTTコムウェア、NTT QONOQの4社は、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)などのクロスリアリティー(XR)を活用した新たな体験創出と、限定ポイントの活用による回遊性向上を目的とした取り組みを品川港南エリアで行う。同エリアで開催される「品川イルミネーション2023 with XR City」のイベントに合わせ、12月1〜25日まで実施される。

 品川港南エリアの水辺や緑地などを中心に、全6カ所でXRコンテンツを配置し、同地域の魅力再発見につながる回遊や滞在を促していく。イベント参加者は、イベント専用アプリをスマートフォンにダウンロードすることで、各スポットで品川港南エリアにゆかりのあるXRコンテンツを鑑賞できる。また夜は品川シーズンテラスなどの一部エリアのイルミネーションとXRが連携した体験型のXRコンテンツを楽しめる。さらに、各スポットに隠されたコンテンツを見つけると、限定ポイントが付与され、品川シーズンテラス内の一部飲食店で利用できる。

品川駅東口駅前広場のXRコンテンツ例
品川駅東口駅前広場のXRコンテンツ例
高浜運河のXRコンテンツ例
高浜運河のXRコンテンツ例

 全6カ所あるスポットのうち最初のスポットである品川駅東口駅前広場での「品川の過去の風景」から始まり、街中に歩みを進めるにつれ、「未来への発展」を描いたXRコンテンツを体験できる。

品川 XR Location Map
品川 XR Location Map

 また品川シーズンテラスの店舗などで配布されるカードを同アプリにかざすと目の前に品川港南の街が現れ、イベントに登場する全てのXRコンテンツを3Dマップ上で見ることができる。

 品川駅周辺エリアは、品川駅を中心に高速鉄道や空港にアクセスする交通の要衝となっており、NTTグループ各社が拠点を構えている。NTTアーバンソリューションズグループは、2015年の品川シーズンテラス開業以来、地域周辺企業とエリアマネジメント活動に取り組んでいる。また2022年には、NTTアーバンソリューションズ内に「品川港南2050プロジェクト推進室」を設置し、品川港南エリアにおける長期的なまちづくりの推進に向けて取り組みを進めている。

 4社はイベントでのXRアプリや限定ポイントなどさまざまな利用状況を把握し、この取り組みによる回遊性向上の効果検証を行う。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]