東芝、オンプレミスとクラウドストレージの連係でコストを30%削減

ZDNET Japan Staff

2023-12-20 12:18

 東芝がグループで利用するデータ保存にWasabi Technologiesのクラウドストレージサービスを採用し、コストを30%削減した。Wasabi Technologies Japanが発表した。

 東芝グループでは、NetAppの容量1ペタバイトのストレージをファイルサーバーとしてオンプレミスで運用し、日々蓄積されるデータ量が前年比10%増になっているという。今後のデータの増加を見越したストレージ拡張に多額の費用が必要になる課題があった。

 そこで、NTTコミュニケーションズの「ストレージ最適化ソリューション(Wasabi Tiering for NetApp)」サービスを採用した。NetAppの「階層化」機能を使って、NetAppのストレージに保存されているデータのうち、30日以内のアクセスがなかったデータをWasabiのクラウドストレージに自動転送、保存している。現在は全データの85%をWasabiのクラウドストレージに格納している。

 NTTコミュニケーションズの今回のサービスを使うことで、東芝グループとしてのクラウド標準に準拠しつつ、コストが安価になったという。また、オンプレミス/クラウドの分散ストレージ環境となるが、NTTコミュニケーションズのデータセンター内で完結できる構成も採用理由だとし、東京と大阪の分散配置で事業継続計画(BCP)を満たすことができた。

 この取り組みで東芝グループは、コストを30%削減した。各部門にあったファイルサーバーを廃止して運用負荷も軽減しているという。東芝インフォメーションシステムズ ITプラットフォーム推進部は、「NetAppのデータ保存領域をWasabiに拡張し、使い勝手はそのままに安価なストレージ領域が大きく広がった。コストの30%削減を達成したが、使えば使うほど効果が高くなっていると実感している」とコメントしている。

 今後は、さまざま現場のデータ、各国の拠点のログなど、さらに膨大なデータの収集や活用を検討しているという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]