TOPPANホールディングス、経営管理クラウドで新規事業領域の予実管理を強化

藤本和彦 (編集部)

2023-12-21 11:41

 TOPPANホールディングスは、ログラスが提供する経営管理クラウド「Loglass 経営管理」を導入した。ダッシュボードやレポートなどの機能を用いて新規事業のスケール化を加速させる狙いだ。

 TOPPANホールディングスでは、新規事業領域での事業別の予実管理をより効率的かつスピーディーに実行することを目指している。導入の決め手としては、(1)複数のデータソースからのインポートが可能であること、(2)ダッシュボードを使用して事業別/プロジェクト別の予実を速やかに分析・可視化できること、(3)予算計画を複数バージョン持つことが可能であること、(4)事業拡大に伴うデータ容量増加にも対応可能であること、(5)導入から定着までのサポート体制の安心感――を評価した。

 事業開発本部 事業戦略室の小林祐介氏は、「Loglassを通じて、これまで困難だったKPI(重要業績指標)レベルの変動をタイムリーに関係者と共有できる」と述べている。また、「この点を生かし、情報集約に費やしていた時間を具体的な行動レベルのアクションを検討する時間に転換することが可能になり、意思決定がより迅速かつ適切に行われると期待している」とコメントした。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]