「Chrome」に3つの新たなAI機能、タブの自動整理など

Artie Beaty (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2024-01-24 12:23

 Googleは米国時間1月23日、人工知能(AI)を活用する3つの新機能を「Google Chrome」ブラウザーに搭載すると発表した。これにより、同ブラウザーをより簡単かつ効率的に利用できるようになるはずだ。

Chromeの新しいタブを開いた画面
提供:Google

 1つ目の機能は「Tab Organizer」(タブオーガナイザー:仮訳、以下同)と呼ばれるものだ。これによりユーザーは、数多くのタブを簡単に整理できるようになる。この機能を用いると、Chromeは開かれているタブに基づく「タブグループ」を自動的に提案した上で、グループ化を実行してくれる。同機能は、複数のプロジェクトを並行して進めている場合や、旅行の計画時に宿泊先を検討したり、最高のレストランを検索したりする場合に特に有用となるはずだ。

 この機能を使うには、開いているタブの上でマウスを右クリックし、「Organize Similar Tabs」(類似のタブを整理)を選択する。すると、Chromeに搭載されているAIが類似した内容のタブを見つけ出し、それらのグループ化を提案した上で、見つけやすい名前と絵文字を提示してくれる。

 Chromeに追加される2つ目の新機能は、AIを活用した文章作成支援機能だ。同社によると、この機能は公の場に出る文章(オンラインレビューや、ソーシャルメディアへの投稿、企業宛の電子メールなど)をユーザーが自信を持って作成できるよう支援するものだという。この機能を使うには、Chrome内の任意のテキストフィールド上でマウスの右ボタンをクリックし、「Help me write」(文章作成支援)を選択する。単語をいくつか入力すると、ユーザーの書こうとしている内容をAIが理解し、文章の作成に手を貸してくれるようになる。

 3つ目の新機能は、「Pixel 8」の目玉機能であったAIによる壁紙生成機能を展開するものだ。この機能によりChromeはAIを用いた独自テーマを生成できるようになる。ユーザーは主題とムード、ビジュアルスタイル、色というカテゴリーごとに用意されているリストの中から好みのものを選ぶだけでテーマを作成できるようになる。同社は、「心を落ち着かせる北極光のアニメーション」という例を示している。

 AIによるテーマを設定するには、サイドパネルから「Customize Chrome」(Chromeのカスタマイズ)を選択し、「Change theme」(テーマの変更)を選択した後、「Create with AI」(AIを用いて生成する)を選択するだけだ。

 同社によると、文章作成支援機能の提供は2月になるが、Tab Organizerとテーマ生成機能は数日中にまず米国から利用できるようになるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]