Wasabi Technologies、「Curio AI」をGrayMetaから買収

河部恭紀 (編集部)

2024-01-24 13:30

 クラウドストレージ企業Wasabi Technologiesは米国時間1月23日、GrayMetaからの「Curio AI」買収を発表した。買収条件は非公開。

 買収には、Curio AI関連の知的財産権と担当チームが含まれる。これにより、GrayMetaの最高経営責任者(CEO)であるAaron Edell氏は、Wasabi TechnologiesのAIおよび機械学習部門のシニアバイスプレジデントに就任する。Wasabi Technologiesは、Curio AIの技術を組み込んだAI搭載のインテリジェントストレージをメディア・エンターテインメント業界向けに2024年春にリリースする予定。

 映像・動画は、ストレージ業界における最大のビジネスチャンスの一つとWasabi Technologiesは述べる。何百エクサバイトものビデオアーカイブが老朽化したテープシステム上に存在し、映画やテレビ、スポーツイベント、ニュース、広告、企業コミュニケーション、そして、数え切れないほどの貴重な生映像や未使用テイクなどから、さらに何エクサバイトものビデオアーカイブが毎年生成されているという。これらの膨大なデータから必要となるひとコマの映像を見つけるには、検索可能なメタデータがなければ、非常に時間がかかり非効率だとWasabi Technologiesはコメントする。

 Curio AIは、AIを使ってメディアライブラリーに向けてリッチなメタデータを生成するインテリジェントなデータプラットフォーム。編集者やプロデューサーは、人物、場所、イベント、感情、ロゴ、ランドマーク、背景音などに基づき、特定のメディアデータのひとコマを即座に検索して抽出することができる。また、50以上の言語で音声を検出し、書き起こすことができる。Wasabi TechnologiesのCurio AI搭載ストレージは、例えばサッカーの英プレミアリーグに所属するLiverpool FCのような顧客に、大量のデジタル資産を超高速に管理するために必要なメタデータを提供するという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]