福井県庁、「政策オープンイノベーション」の推進でAvePointのツールを導入

ZDNET Japan Staff

2024-03-19 10:15

 AvePoint Japanは3月19日、「Microsoft 365」の運用支援ツールとして「AvePoint Cloud Governance」と「AvePoint Policies&Insight」が福井県庁に導入されたと発表した。同県が推進する「政策オープンイノベーション」には「Microsoft Teams」が活用されており、その外部開放に伴うゲストユーザーの管理と情報共有のセキュリティ強化を図っている。

 2020年に福井県は、県民が中心となる県政を目指して、政策オープンイノベーションを開始。その実現のために、5000人を超える県民が参加する「福井県長期ビジョン」を策定している。この取り組みを進めるため、2019年にはTeamsが導入され、庁内外のコミュニケーションを促進している。

 Teamsの外部開放は、官民のコミュニケーションを活性化させる一方で、幾つかの課題も顕在化した。まず、Teamsを外部へ安全に開放するためには、ゲストユーザーを招待可能な「チーム」(Teamsにおける複数ユーザーでの協働機能)の設定を適切に管理することが求められる。これには、担当者の作業負担の増加や、設定ミスによる情報漏えいのリスクが伴う。また、ゲストユーザーの適切な権限付与と無断追加の防止策が必要になる。招待されたチーム以外の情報へのアクセス制限、使用されなくなったゲストユーザーやチームメンバーでないにもかかわらずアクセス権を持つユーザーの監視も不可欠という。

 福井県では、AvePoint Cloud GovernanceとAvePoint Policies&Insightを導入することで、ゲストユーザーの管理や情報共有のセキュリティを強化し、県民、市町村、民間事業者との安全なコミュニケーションを実現した。今後は、使用されていないTeamsのチームを整理し、より効率的な管理を目指すとともに、県庁のネットワークをクラウドへ移行も計画する。これには、ゼロトラストセキュリティやクラウドバックアップなどの新しいセキュリティ対策が求められる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]