編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

JAL、40TBのファイルサーバーを10カ月でクラウドに移行

大場みのり (編集部)

2019-12-19 16:40

 日本航空(JAL)は、全国拠点のファイルサーバーに蓄積された40TBのデータを10カ月間で「SharePoint Online」に移行した。データ移行には、AvePointのツールを採用した。日本法人のAvePoint Japanが12月19日に発表した。

 JALは働き方改革の推進と大容量データの増加に伴う領域不足の解消に向けて、全国の空港・地方拠点で利用してきたファイルサーバーのデータをOffice 365の共有基盤「SharePoint Online」に移行すると決定した。

 だが、長年にわたり社内情報共有基盤として利用されてきたファイルサーバーには40TBのデータが存在しており、移行プロジェクトの長期化・複雑化が懸念されていた。また「ユーザー部門における通常業務への影響を抑えてほしい」「ユーザー部門が必要なデータだけを移行してほしい」「SharePoint Onlineへの移行に精通している技術者に支援してもらいたい」といった要望があったという。

 JALは移行ツールとして、AvePointが提供する「DocAve移行」を選択。同ツールでは、保存されているデータの分析・移行計画策定から移行内容のレポート生成まで、移行プロジェクトの全段階を支援するという。JALは、DocAve移行の 「禁則文字の自動変換」「不要ファイルのスキップ処理」「データ移行結果詳細レポート機能」といった機能を活用し、結果としてプロジェクトを10カ月で完了することができたという。

 加えてJALは、SharePointの制限事項を理解するAvePointの専門家による移行支援を受けることで、プロジェクトをスムーズに進行できたとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]