M3搭載「MacBook Air」レビュー--AIタスクの性能が向上した軽量ノートブック

Jason Hiner (ZDNET.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2024-03-30 08:30

Appleの「M3」チップ搭載「MacBook Air」

画像1

長所と短所

長所

  • 多くのプロフェッショナルユーザーにとって十分な「Pro」並みの性能
  • 外観と内部性能の基準を高めるフォームファクター
  • 蓋を閉じた状態で2台の外部モニターをサポート
  • アップグレードされた「Neural Engine」でAIタスクを高速化

短所

  • 有機EL搭載の競合機種に後れを取るLCDディスプレイ
  • 基本モデルのRAMはわずか8GBで、用途が限られる
  • 拡張ポートが2つのみ、どちらも同じ側面に配置
  • 内蔵オーディオは大いに改良の余地あり

購入に関するアドバイス

 再設計された13インチの「M2」搭載MacBook Airはデザインとパフォーマンスの観点で非常に素晴らしかったため、米ZDNETは2022年の年間最優秀製品に選出した。M3搭載MacBook Airはその後継にふさわしい製品で、今回は13インチと15インチの2つのサイズが用意されている。米ZDNETは両方のモデルを1週間テストし、3つの重要なアップグレードに深い感銘を受けた。それらのアップグレードがあるからこそ、より強力なAI性能と複数の外部モニターを必要とするプロユーザーや愛好家に購入を薦めやすい製品となっている。だが、購入にあたり重要な検討事項もある。

 まず、MacBook AirのM3搭載モデルの登場に関して最も良い点は、13インチのM2搭載MacBook Airの価格が999ドルから(学生、教職員向けの価格は899ドルから)になったことかもしれない。販売が終了した「M1」搭載MacBook Air(現在でも「Chromebook」や多くの同等の「Windows」マシンを上回る堅実なマシン)は、クリアランスセールでさらに値下げされる可能性がある。これは基本的な機能だけが必要な子どもや家族に適したモデルだ。

 15インチのM3搭載MacBook Airの購入を検討しているなら、もう1つ留意したい点がある。16GBのRAMと512GBのストレージという構成にすると、1699ドルになり、価格の点では14インチのM3搭載「MacBook Pro」の域に入ってしまう。そこまで行くなら、代わりに14インチのM3搭載MacBook Proを選ぶようお薦めしたい。というのも、ディスプレイとサウンドがはるかに優れており、2台の外部モニターに接続しても、本体のモニターを3台目のディスプレイとして使用できるからだ。

スペック

プロセッサー

8コアCPUと16コアNeural Engine

RAM/グラフィックス

8GB、16GB、または24GBのユニファイドメモリーと10コアGPU

ストレージ

512GB、1TB、または2TB

ディスプレイ

LCD、60Hzのリフレッシュレート、500ニトのピーク輝度

ポート

「MagSafe 3」充電ポート、Thunderbolt/USB 4ポート×2、3.5mmヘッドホンジャック

接続機能

Wi-Fi 6E(802.11ax)、Bluetooth 5.3

バッテリー

最大18時間のバッテリー持続時間

オーディオ

4スピーカーサウンドシステム、指向性ビームフォーミングを持つ3マイクアレイ、空間オーディオ

ウェブカメラ

1080pのFaceTime HDカメラ、コンピュテーショナルビデオ

重量

13インチモデル:1.24kg、15インチモデル:1.51kg

価格

13インチモデル:1099ドルから、15インチモデル:1299ドルから


蓋を閉じた状態で2台の外部モニターを使用できる機能は、M3搭載MacBook Airの最も重要なアップグレードの1つだ。提供:Jason Hiner/ZDNET
蓋を閉じた状態で2台の外部モニターを使用できる機能は、M3搭載MacBook Airの最も重要なアップグレードの1つだ。
提供:Jason Hiner/ZDNET

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]