オブザーバビリティ統合プラットフォームベンダーのナンバーワン目指す--Datadog Japan 正井社長

河部恭紀 (編集部)

2024-04-02 12:45

 モニタリング・セキュリティプラットフォームを提供するDatadogの日本法人Datadog Japanは4月1日、事業戦略説明会を開催した。

正井拓己氏
正井拓己氏

 説明会では、2月に同社の社長 兼 日本担当ゼネラルマネージャーに就任した正井拓己氏が登壇し、グローバルでの事業概要をまず説明した。Datadogは2010年に創業し、現在では従業員数が5000人を超える。エンタープライズ顧客数は2万7000社以上で、サブスクリプションの年間経常売上高は前年比31%増で約20億ドルに達する。

 年間収益、四半期収益は共に成長を続けている。顧客数も継続的に増加しており、この傾向は日本市場でも同様だという。年間サブスクリプションが10万ドル以上および100万ドル以上の顧客数もそれぞれ増加している。

画像1
画像2
画像3

 業績の好調さは、企業のクラウウド移行とDXを背景とすると正井氏は述べる。クラウド化が進んだことで、使用されている技術が多様化し、インフラが物理サーバーからクラウドへというように動的なものに変化し、サービスのリリース頻度が年次から随時へと増え、DevOpsが推進されたことにより顧客のシステムは複雑化しているという。このような複雑性こそが「Datadog」が解決すべき課題と正井氏はアピールする。

 同プラットフォームは、多様化・複雑化するシステム環境を統合的に運用するための機能を開発、セキュリティ、運用のライフサイクルにわたり提供する。また、AIや機械学習を活用することで、統一化されたプラットフォームによるエンドツーエンドのオブザーバビリティを可能にする。

画像4

 このように機能は多岐にわたるが、ユーザーエクスペリエンスは機能横断的でシンプルだという。Datadogは、あらゆる場所に導入でき、統合的なデータ活用を可能にし、どのようなエンドユーザーも利用できる製品だと正井氏。そのため、開発・セキュリティ・運用といった組織の壁を破壊し、シームレスなライフサイクル管理を可能にするという。

 当初インフラ監視を主な機能としていたDatadogは、顧客の要望に対応するため、セキュリティ、ソフトウェアデリバリー、分析、クラウドサービス管理と機能を追加してきた。このような製品領域の拡大により、現在では、顧客の開発からセキュリティ、運用、ユーザーエクスペリエンスまでを統合的に支援するプラットフォームとなっている。

 Datadogは、技術スタック全体からのテレメトリーデータをまとめ、全ての関係者で共有し、可視化を可能にする。そのため、最初は一部機能から利用が開始されるものの、複数製品を導入することを経て、最終的にはシステム・部門横断的な統合プラットフィームとして導入されるようになるという。こうした製品領域の拡大を通じて、同社は「クロージング・ザ・ループ」という長期的なビジョンを掲げる。「Datadogは“顧客のためのエンドツーエンドの意思決定、行動、自動化のためのプラットフォーム”」と考えているという。

画像5

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]