MS、「Copilot for Microsoft 365」に「GPT-4 Turbo」優先アクセス--チャット回数も無制限に

Sabrina Ortiz (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2024-04-03 10:22

 Microsoftは、法人顧客に注力しており、わずか2週間前にもいくつかの新しい企業向けのソフトウェアとハードウェアを発表している。その流れを受け、Microsoftは「Copilot for Microsoft 365」サブスクリプションに新たな機能を追加した。

 同社は米国時間4月2日、「GPT-4 Turbo」への優先アクセスと1日当たりのチャット回数とターン数の制限をなくした無制限の会話という2つの大きなアップデートをCopilot for Microsoft 365ユーザーに向けて発表した


 米ZDNETは、GPT-4 Turboをかつてテストしており、「GPT-4」よりも優れたパフォーマンスを提供し、法人顧客にとっては有利であることを確認している。

 さらに、Microsoftによると、GPT-4 Turboへの優先アクセスと無制限の会話という組み合わせは、Copilotをウェブコンテキストやワークコンテキストで使用する場合、ユーザーがより高速で包括的な応答を受け取ることを可能にするという。

 ウェブコンテキストとは、Copilotがウェブにある最新情報をベースとしている場合を指し、ワークコンテキストとは、Copilotがカレンダー、電子メール、チャット、ドキュメントといったワークデータへの応答をベースにしている場合を指す。どちらの場合も企業グレードのデータ保護の恩恵を受けられる。

 またMicrosoftは、同社AI画像生成ツール「Microsoft Designer」で1日当たりの画像生成ブースト数を15から100に5月から増加することも発表した。これにより、画像作成の待ち時間が短縮されることが期待される。

 同社によると、新機能はまずCopilotのウェブサイトで利用可能になり、続いてCopilotアプリや「Windows」「Edge」「Microsoft 365」でも利用できるようになるという。

提供:Microsoft
提供:Microsoft

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]