アップル、自社開発の対話型AIシステム「ReALM」に関する論文を発表

Maria Diaz (ZDNET.com) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)

2024-04-03 10:20

 Appleが2024年のWorldwide Developers Conference(WWDC)に向けてさまざまな人工知能(AI)機能を発表すべく取り組んでいるのは周知の事実だが、何が発表されるのかはまだ分かっていない。「Siri」の強化はAppleの最優先事項の1つだが、それは「iPhone」ユーザーがこの音声アシスタントへの不満をしきりに述べているからだ。そんな中、AppleのAI研究チームが米国時間3月29日に発表した論文は、Siriに関する同社のAI計画、そしておそらく、WWDCで発表される機能に関する新たなヒントとなるかもしれない。

 この論文で紹介されているのは、「Reference Resolution As Language Modeling」(ReALM)と呼ばれる対話型AIシステムで、今までにないアプローチで照応解析を改善するという。ReALMでは、会話の文脈を理解し、画面上のコンテンツを処理し、周囲の状況を検知するSiriの能力の改善が期待されている。

 照応解析を言語モデリングの問題として扱うというアプローチは、会話の文脈に焦点を当てた従来の手法とは一線を画すものだ。ReALMは、会話の中身、画面上の内容、およびバックグラウンドのプロセスを、大規模言語モデル(LLM)で処理できるテキストの形式に変換し、LLMの意味理解能力を活用する。

 研究チームはReALMモデルを、OpenAIが無料の「ChatGPT」や有料の「ChatGPT Plus」に搭載しているLLMの「GPT-3.5」および「GPT-4」と比較評価した。論文によれば、チームが構築した最小のモデルのパフォーマンスはGPT-4に匹敵し、最大のモデルのパフォーマンスはGPT-4を大きく上回ったという。

 「最小のモデルが画面上の照応に対して5%以上の絶対利得を有するなど、さまざまな種類の照応に対し、類似の機能を持つ既存のシステムと比べて大きな改善が見られることを実証する」と、研究チームは論文の中で述べている。「また、GPT-3.5およびGPT-4との比較評価も実施したところ、最小のモデルが達成したパフォーマンスはGPT-4に匹敵し、大規模なモデルはGPT-4を大きく上回っていた」とも述べている。

 この論文では、「ReALM-80M」「ReALM-250M」「ReALM-1B」「ReALM-3B」という4種類のサイズのReALMモデルを扱っている。末尾の「M」と「B」は、パラメーター数をそれぞれ100万(Million)単位および10億(Billion)単位で示したものだ。なお、GPT-3.5のパラメーター数は1750億、GPT-4に至ってはおよそ1兆5000億だと言われている。

 「我々が示したように、ReALMのパフォーマンスはこれまでのアプローチを上回っており、パラメーターの数がはるかに少ないにもかかわらず、今日の最先端のLLMであるGPT-4にほぼ匹敵している」と、この論文は主張している。

 ただし、今回の研究が「iOS 18」や最新デバイスにおいて何らかの役割を果たすのか、Appleは今のところ明らかにしていない。

より賢くなったSiriがiPhoneに搭載されるかもしれない。提供:Maria Diaz/ZDNET
より賢くなったSiriがiPhoneに搭載されるかもしれない。
提供:Maria Diaz/ZDNET

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]