アイアンストライカーズ社会保険労務士法人、セキュリティ監視サービスで顧客情報を保護

NO BUDGET

2024-06-11 17:30

 アイアンストライカーズ社会保険労務士法人は、顧客の個人情報をサイバー脅威から保護するため、ソフォスのセキュリティソリューション「Sophos MDR Essentials」と「Sophos Firewall」を採用した。ソフォスが発表した。

 アイアンストライカーズは、小規模事業者でも導入しやすい価格設定のSophos MDR Essentialsを高く評価したという。業務で取り扱う個人情報の保護を強化して、顧客からの信頼度向上につなげている。導入後は、クラウド管理ソリューション「Sophos Central」で職員のPCの状態を定期的に確認している。

 Sophos MDR Essentialsは、ソフォスの専門家チームがセキュリティ脅威の封じ込めと拡散防止を行うManaged Detection and Response(MDR)サービス。セキュリティ担当者の負担を軽減し、迅速な修復アクションを可能にする。既存のセキュリティツールとの併用も可能。専門家による脅威ハンティング、他社製セキュリティ製品との連携、週次・月次レポート、電話サポート、オンライン対応、要望に応じた技術者派遣も提供する。

 Sophos Firewallは、次世代型ファイアウォールアプライアンス「XGS シリーズ」を活用する。Sophos MDRとSophos XDRの統合によって脅威への対応を自動化し、早期の脅威阻止を実現するという。

 また、包括的なSD-WAN機能で複数の拠点間を安全に接続し、ゼロトラストネットワークアクセスで、リモートワーカーの安全な接続を支援する。クラウド管理やレポート生成機能も備え、ファイアウォールだけでなく、ワイヤレスネットワーク、スイッチ、エンドポイント、モバイルデバイス、サーバー、メール保護などを一括管理できる。

 アイアンストライカーズは、これらの機能をソフォスの販売代理店のアクシスの「AXIS総合セキュリティパック」経由で利用している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]