編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Webビーコン

用語の解説

Webビーコンとは

(ウェブビーコン,Webバグ,Web beacon,Web bug,)
Webビーコンとは、WebページやHTML形式の電子メールに埋め込まれた、非常に小さなサイズの画像のことである。
ユーザーがWebページやメールにアクセスしたという情報を、サーバーに伝えるために用いられる。 通常、Webビーコンは縦横1ドット程度のもので、画面のどこにあってもほとんど気付かれない。 HTMLメールのメッセージ中にWebビーコンが埋め込まれていれば、メールをプレビュー表示する際に画像データを取得するためにWebサーバーへのアクセスが発生する。 このアクセス情報を解析することで、どのメールが、誰によって閲覧されているかが知れてしまう。 それゆえ、ブロックや無視されることの多いスパムメールや広告メールの発信者にとっては、そのメールが拒否されずに受け取られ閲覧されているという非常に有用な情報となる。 Webビーコンは、商用のリサーチの強引な手段として用いられることが多い。 あるいはスパムメールの標的を定める手段としても用いられうる。 その大半はユーザーの同意を得ていない。 ユーザーのプライバシーを脅かすものとして、Webビーコンを批判する声は強まってきている。 Webビーコンを無効にするには、電子メールであれば、すべてのメールをテキスト形式で開くように設定する(画像を読み出しに行かせない)という手段が有用である。 または初期設定で画像をダウンロードしないように設定する場合も増えている。 ちなみに、Webビーコンの「ビーコン」(beacon)とは「標識」や「信号灯」を意味する。 非常に小さい画像という見た目の観点から「Webバグ」(虫)と呼ばれる場合も多い。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]